巻第六|冬歌

巻第六「冬歌」の和歌を一覧にまとめました。

巻第六|冬歌の和歌一覧

551をきあかす秋のわかれのそてのつゆ霜こそむすへ冬やきぬらん
552神な月風にもみちのちるときはそこはかとなく物そかなしき
553なとりかはやなせの浪そさはくなるもみちやいとゝよりてせくらん
554いかたしよまてことゝはんみなかみはいかはかりふく山のあらしそ
555ちりかゝるもみちなかれぬ大井かはいつれ井せきの水のしからみ
556たかせ舟しふくはかりにもみちはのなかれてくたる大井河かな
557日くるれはあふ人もなしまさきちる峯のあらしのをとはかりして
558をのつからをとする物は庭のおもにこの葉ふきまく谷のゆふ風
559木の葉ちるやとにかたしく袖の色をありともしらてゆく嵐かな
560このはちるしくれやまかふわか袖にもろき涙のいろとみるまて
561うつりゆく雲に嵐のこゑすなりちるかまさ木のかつらきの山
562はつ時雨しのふの山のもみちはをあらしふけとはそめすや有けん
563しくれつゝ袖もほしあへすあしひきの山のこの葉に嵐ふく比
564山さとの風すさましきゆふくれに木の葉みたれて物そかなしき
565冬のきて山もあらはに木のはふりのこる松さへ峯にさひしき
566からにしき秋のかたみやたつた山ちりあへぬえたに嵐ふくなり
567時雨かときけはこの葉のふる物をそれにもぬるゝわかたもとかな
568時しもあれ冬ははもりの神な月まはらになりぬもりのかしは木
569いつのまにそらのけしきのかはるらんはけしきけさのこからしの風
570月をまつたかねの雲ははれにけり心あるへきはつしくれかな
571神な月木々のこの葉はちりはてゝ庭にそ風のをとはきこゆる
572しはのとにいり日のかけはさしなからいかにしくるゝ山辺なるらん
573雲はれてのちもしくるゝしはのとや山風はらふ松のした露
574神無月しくれふるらしさほ山のまさきのかつら色まさりゆく
575こからしのをとに時雨をきゝわかてもみちにぬるゝたもとゝそ見る
576しくれふるをとはすれともくれたけのなとよとゝもにいろもかはらぬ
577しくれの雨そめかねてけり山しろのときはのもりのまきの下葉は
578冬をあさみまたくしくれと思しをたえさりけりな老の涙も
579まはらなるしはのいほりにたひねして時雨にぬるゝさよ衣かな
580やよしくれ物思袖のなかりせはこの葉の後になにをそめまし
581ふかみとりあらそひかねていかならんまなく時雨のふるの神すき
582しくれの雨まなくしふれはま木の葉もあらそひかねて色つきにけり
583世中になをもふるかなしくれつゝ雲間の月のいてやとおもへと
584おりこそあれなかめにかゝるうき雲の袖もひとつにうちしくれつゝ
585あきしのやと山のさとやしくるらんいこまのたけに雲のかゝれる
586はれくもり時雨はさためなき物をふりはてぬるはわか身なりけり
587いまは又ちらてもまかふ時雨かなひとりふりゆく庭の松風
588みよしのゝ山かきくもり雪ふれはふもとのさとはうちしくれつゝ
589まきのやに時雨のをとのかはるかなもみちやふかくちりつもるらん
590世にふるはくるしき物をま木のやにやすくもすくるはつ時雨かな
591ほの/\とありあけの月の月かけにもみちふきおろす山おろしの風
592もみち葉をなにおしみけん木のまよりもりくる月はこよひこそみれ
593ふきはらふあらしのゝちのたかねよりこの葉くもらて月やいつらん
594霜こほる袖にもかけはのこりけりつゆよりなれしありあけの月
595なかめつゝいくたひ袖にくもるらん時雨にふくる有あけの月
596さためなくしくるゝそらのむら雲にいくたひおなし月をまつらん
597いまよりは木の葉かくれもなけれともしくれにのこるむら雲の月
598はれくもるかけをみやこにさきたてゝしくるとつくる山の葉の月
599たえ/\にさとわく月のひかりかなしくれをゝくる夜はのむらくも
600いまはとてねなまし物をしくれつるそらとも見えすゝめる月かな
601つゆしものよはにおきゐて冬のよの月みるほとに袖はこほりぬ
602もみちはゝをのかそめたる色そかしよそけにをけるけさの霜かな
603をくら山ふもとのさとにこの葉ちれはこすゑにはるゝ月をみるかな
604秋の色をはらひはてゝやひさかたの月のかつらにこからしの風
605風さむみ木の葉はれゆくよな/\にのこるくまなき庭の月かけ
606わかゝとのかり田のねやにふすしきのとこあらはなる冬のよの月
607冬かれのもりのくち葉の霜のうへにおちたる月のかけのさむけさ
608さえわひてさむるまくらにかけみれは霜ふかきよの有あけの月
609霜むすふ袖のかたしきうちとけてねぬよの月のかけそさむけき
610かけとめしつゆのやとりを思いてゝ霜にあとゝふあさちふの月
611かたしきの袖をや霜にかさぬらん月によかるゝうちのはしひめ
612なつかりのおきのふるえはかれにけりむれゐし鳥はそらにやあるらん
613さよふけて声さへさむきあしたつはいくへの霜かをきまさるらん
614冬のよのなかきをゝくる袖ぬれぬ暁かたのよものあらしに
615さゝの葉はみ山もさやにうちそよきこほれる霜を吹嵐かな
616君こすはひとりやねなんさゝの葉のみ山もそよにさやく霜よを
617霜かれはそこともみえぬ草のはらたれにとはまし秋のなこりを
618しもさゆる山田のくろのむらすゝきかる人なしみのこるころかな
619くさのうへにこゝら玉ゐし白露をした葉の霜とむすふ冬かな
620かさゝきのわたせるはしにをくしものしろきを見れはよそふけにける
621しくれつゝかれゆく野辺の花なれは霜のまかきにゝほふいろかな
622菊の花たおりては見しはつ霜のをきなからこそ色まさりけれ
623かけさへにいまはと菊のうつろふは浪の底にも霜やをくらん
624野辺見れはお花かもとのおもひ草かれゆく冬になりそしにける
625つのくにのなにはの春は夢なれやあしのかれ葉に風わたる也
626冬ふかくなりにけらしななにはえのあお葉ましらぬあしの村立
627さひしさにたへたる人の又もあれないほりならへん冬の山さと
628あつまちのみちの冬くさしけりあひてあとたに見えぬ忘水かな
629むかしおもふさよのねさめのとこさえて涙もこほる袖の上かな
630たちぬるゝ山のしつくもをとたえてま木のした葉にたるひしにけり
631かつこほりかつはくたくる山かはのいはまにむせふ暁の声
632きえかへりいはまにまよふ水のあはのしはしやとかるうす氷かな
633まくらにも袖にもなみたつらゝゐてむすはぬ夢をとふ嵐かな
634みなかみやたえ/\こほるいはまよりきよたき河にのこる白浪
635かたしきの袖の氷もむすほゝれとけてねぬよの夢そみしかき
636はしひめのかたしき衣さむしろにまつよむなしきうちのあけほの
637あしろ木にいさよふ浪のをとふけてひとりやねぬるうちのはしひめ
638見るまゝに冬はきにけりかものゐるいりえのみきはうすこほりつゝ
639しかのうらやとをさかりゆく浪間よりこほりていつる有あけの月
640ひとり見るいけの氷にすむ月のやかてそてにもうつりぬるかな
641うはたまのよのふけゆけはひさきおふるきよきかはらにちとりなく也
642ゆくさきはさよふけぬれとちとりなくさほのかはらはすきうかりけり
643ゆふされはしほ風こしてみちのくののたの玉河ちとりなくなり
644白浪にはねうちかはしはまちとりかなしき声はよるの一声
645ゆふなきにとわたるちとりなみまより見ゆるこ嶋の雲にきえぬる
646浦風にふきあけのはまのはまちとり浪たちくらし夜はになくなり
647月そすむたれかはこゝにきのくにやふきあけのちとりひとりなく也
648さよちとり声こそちかくなるみかたかたふく月にしほやみつらん
649風ふけはよそになるみのかたおもひおもはぬ浪になくちとりかな
650浦人の日もゆふくれになるみかたかへる袖よりちとりなくなり
651風さゆるとしまかいそのむらちとりたちゐは浪の心なりけり
652はかなしやさてもいくよかゆく水にかすかきわふるをしのひとりね
653水鳥のかものうきねのうきなから浪のまくらにいくよねぬらん
654よしのなるなつみの河のかはよとにかもそなくなる山かけにして
655ねやのうへにかたえさしおほひそともなる葉ひろかしはに霰ふる也
656さゝなみやしかのからさき風さえてひらのたかねにあられふる也
657やたのゝにあさちいろつくあらち山みねのあは雪さむくそあるらし
658つねよりもしのやのゝきそうつもるゝけふは宮こにはつ雪やふる
659ふる雪にまことにしのやいかならんけふはみやこにあとたにもなし
660はつ雪のふるの神すきうつもれてしめゆふ野辺は冬こもりせり
661ふれはかくうさのみまさる世をしらてあれたる庭につもるはつ雪
662さむしろのよはの衣手さえ/\てはつ雪しろしをかのへの松
663ふりそむるけさたに人のまたれつるみ山のさとの雪の夕くれ
664けふはもし君もやとふとなかむれとまたあともなき庭の雪哉
665いまそきく心はあともなかりけり雪かきわけておもひやれとも
666白山にとしふる雪やつもるらんよはにかたしくたもとさゆなり
667あけやらぬねさめのとこにきこゆなりまかきの竹の雪のしたおれ
668をとは山さやかに見ゆる白雪をあけぬとつくるとりのこゑかな
669山さとはみちもやみえすなりぬらんもみちとゝもに雪のふりぬる
670さひしさをいかにせよとてをかへなるならの葉したり雪のふるらん
671こまとめて袖うちはらふかけもなしさのゝわたりの雪のゆふくれ
672まつ人のふもとのみちはたえぬらんのきはのすきに雪をもるなり
673夢かよふみちさへたえぬくれ竹のふしみのさとの雪のしたをれ
674ふる雪にたくものけふりかきたえてさひしくもあるかしほかまのうら
675たこの浦にうちいてゝ見れはしろたへのふしのたかねに雪はふりつゝ
676雪のみやふりぬとおもふ山さとにわれもおほくのとしそつもれる
677雪ふれはみねのまさかきうつもれて月にみかけるあまのかく山
678かきくもりあまきる雪のふるさとをつもらぬさきにとふ人もかな
679庭の雪にわかあとつけていてつるをとはれにけりと人やみるらん
680なかむれはわか山のはに雪しろし宮この人よ哀とも見よ
681冬くさのかれにし人のいまさらに雪ふみわけて見えん物かは
682たつねきてみちわけわふる人もあらしいくへもつもれ庭の白雪
683このころは花も紅葉もえたになししはしなきえそ松のしらゆき
684草も木もふりまかへたる雪もよに春まつむめの花のかそする
685みかりするかた野のみのにふるあられあなかまゝたき鳥もこそたて
686みかりすとゝたちのはらをあさりつゝかたのゝ野辺にけふもくらしつ
687みかり野はかつふる雪にうつもれてとたちもみえす草かくれつゝ
688かりくらしかたのゝましはおりしきてよとの河せの月をみるかな
689中/\にきえはきえなてうつみ火のいきてかひなき世にもある哉
690ひかすふる雪けにまさるすみかまのけふりもさむし大原のさと
691をのつからいはぬをしたふ人やあるとやすらふほとにとしのくれぬる
692かへりては身にそふ物としりなからくれゆくとしをなにしたふらん
693へたてゆくよゝのおもかけかきくらし雪とふりぬるとしのくれかな
694あたらしきとしやわか身をとめくらんひまゆくこまにみちをまかせて
695なけきつゝことしもくれぬつゆのいのちいけるはかりを思いてにして
696おもひやれやそちのとしのくれなれはいかはかりかは物はかなしき
697むかしおもふ庭にうき木をつみをきて見しよにもにぬとしのくれかな
698いその神ふる野のをさゝしもをへてひとよはかりにのこるとしかな
699としのあけてうきよの夢のさむへくはくるともけふはいとはさらまし
700あさことのあか井の水にとしくれてわかよのほとのくまれぬるかな
701いそかれぬとしのくれこそあはれなれむかしはよそにきゝし春かは
702かそふれはとしのゝこりもなかりけりおいぬるはかりかなしきはなし
703いしはしるはつせのかはのなみまくらはやくもとしのくれにけるかな
704ゆくとしをゝしまのあまのぬれ衣かさねて袖になみやかくらん
705おいのなみこえける身こそあはれなれことしも今はすゑの松山
706けふことにけふやかきりとおしめとも又もことしにあひにけるかな
巻第六|冬歌

新古今和歌集645番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集645番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集645番の情報歌番号645詞書-作者|歌人後徳大寺左大臣和歌ゆふなきにとわたるちとりなみまより見ゆるこ嶋の雲にきえぬる読み仮名ふりがなゆふなきに-とわたるちとり-なみまより-み...
巻第六|冬歌

新古今和歌集661番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集661番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集661番の情報歌番号661詞書おもふこと侍けるころはつ雪ふり侍ける日作者|歌人紫式部和歌ふれはかくうさのみまさる世をしらてあれたる庭につもるはつ雪読み仮名ふりがなふれはかく-う...
巻第六|冬歌

新古今和歌集677番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集677番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集677番の情報歌番号677詞書守覚法親王五十首哥よませ侍けるに作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌雪ふれはみねのまさかきうつもれて月にみかけるあまのかく山読み仮名ふりがなゆきふれは-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集693番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集693番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集693番の情報歌番号693詞書-作者|歌人皇太后宮大夫俊成女和歌へたてゆくよゝのおもかけかきくらし雪とふりぬるとしのくれかな読み仮名ふりがなへたてゆく-よよのおもかけ-かきくら...
巻第六|冬歌

新古今和歌集646番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集646番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集646番の情報歌番号646詞書堀河院に百首哥たてまつりけるに作者|歌人祐子内親王家紀伊和歌浦風にふきあけのはまのはまちとり浪たちくらし夜はになくなり読み仮名ふりがなうらかせに-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集662番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集662番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集662番の情報歌番号662詞書百首哥に作者|歌人式子内親王和歌さむしろのよはの衣手さえ/\てはつ雪しろしをかのへの松読み仮名ふりがなさむしろの-よはのころもて-さえさえて-はつ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集678番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集678番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集678番の情報歌番号678詞書題しらす作者|歌人小侍従和歌かきくもりあまきる雪のふるさとをつもらぬさきにとふ人もかな読み仮名ふりがなかきくもり-あまきるゆきの-ふるさとを-つも...
巻第六|冬歌

新古今和歌集694番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集694番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集694番の情報歌番号694詞書-作者|歌人大納言隆季和歌あたらしきとしやわか身をとめくらんひまゆくこまにみちをまかせて読み仮名ふりがなあたらしき-としやわかみを-とめくらむ-ひ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集631番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集631番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集631番の情報歌番号631詞書題しらす作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌かつこほりかつはくたくる山かはのいはまにむせふ暁の声読み仮名ふりがなかつこほり-かつはくたくる-やまかはの-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集647番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集647番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集647番の情報歌番号647詞書五十首哥たてまつりし時作者|歌人摂政太政大臣和歌月そすむたれかはこゝにきのくにやふきあけのちとりひとりなく也読み仮名ふりがなつきそすむ-たれかはこ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集663番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集663番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集663番の情報歌番号663詞書入道前関白右大臣に侍ける時家哥合に雪をよめる作者|歌人寂蓮法師和歌ふりそむるけさたに人のまたれつるみ山のさとの雪の夕くれ読み仮名ふりがなふりそむる...
巻第六|冬歌

新古今和歌集679番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集679番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集679番の情報歌番号679詞書-作者|歌人前大僧正慈円和歌庭の雪にわかあとつけていてつるをとはれにけりと人やみるらん読み仮名ふりがなにはのゆきに-わかあとつけて-いてつるを-と...
巻第六|冬歌

新古今和歌集695番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集695番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集695番の情報歌番号695詞書俊成卿家十首哥よみ侍けるにとしのくれの心を作者|歌人俊恵法師和歌なけきつゝことしもくれぬつゆのいのちいけるはかりを思いてにして読み仮名ふりがななけ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集632番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集632番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集632番の情報歌番号632詞書-作者|歌人摂政太政大臣和歌きえかへりいはまにまよふ水のあはのしはしやとかるうす氷かな読み仮名ふりがなきえかへり-いはまにまよふ-みつのあわの-し...
巻第六|冬歌

新古今和歌集648番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集648番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集648番の情報歌番号648詞書千五百番哥合に作者|歌人正三位季能和歌さよちとり声こそちかくなるみかたかたふく月にしほやみつらん読み仮名ふりがなさよちとり-こゑこそちかく-なるみ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集664番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集664番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集664番の情報歌番号664詞書雪のあした後徳大寺左大臣許につかはしける作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌けふはもし君もやとふとなかむれとまたあともなき庭の雪哉読み仮名ふりがなけふは...
巻第六|冬歌

新古今和歌集680番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集680番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集680番の情報歌番号680詞書-作者|歌人慈円和歌なかむれはわか山のはに雪しろし宮この人よ哀とも見よ読み仮名ふりがななかむれは-わかやまのはに-ゆきしろし-みやこのひとよ-あは...
巻第六|冬歌

新古今和歌集696番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集696番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集696番の情報歌番号696詞書百首哥たてまつりし時作者|歌人小侍従和歌おもひやれやそちのとしのくれなれはいかはかりかは物はかなしき読み仮名ふりがなおもひやれ-やそちのとしの-く...
巻第六|冬歌

新古今和歌集633番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集633番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集633番の情報歌番号633詞書-作者|歌人良経和歌まくらにも袖にもなみたつらゝゐてむすはぬ夢をとふ嵐かな読み仮名ふりがなまくらにも-そてにもなみた-つららゐて-むすはぬゆめを-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集649番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集649番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集649番の情報歌番号649詞書最勝四天王院の障子になるみのうらかきたる所作者|歌人藤原秀能和歌風ふけはよそになるみのかたおもひおもはぬ浪になくちとりかな読み仮名ふりがなかせふけ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集665番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集665番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集665番の情報歌番号665詞書返し作者|歌人後徳大寺左大臣和歌いまそきく心はあともなかりけり雪かきわけておもひやれとも読み仮名ふりがないまそきく-こころはあとも-なかりけり-ゆ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集681番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集681番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集681番の情報歌番号681詞書-作者|歌人曽祢好忠和歌冬くさのかれにし人のいまさらに雪ふみわけて見えん物かは読み仮名ふりがなふゆくさの-かれにしひとの-いまさらに-ゆきふみわけ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集697番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集697番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集697番の情報歌番号697詞書題しらす作者|歌人西行法師和歌むかしおもふ庭にうき木をつみをきて見しよにもにぬとしのくれかな読み仮名ふりがなむかしおもふ-にはにうききを-つみおき...
巻第六|冬歌

新古今和歌集634番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集634番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集634番の情報歌番号634詞書五十首哥たてまつりし時作者|歌人良経和歌みなかみやたえ/\こほるいはまよりきよたき河にのこる白浪読み仮名ふりがなみなかみや-たえたえこほる-いはま...
巻第六|冬歌

新古今和歌集650番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集650番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集650番の情報歌番号650詞書おなし所作者|歌人権大納言通光和歌浦人の日もゆふくれになるみかたかへる袖よりちとりなくなり読み仮名ふりがなうらひとの-ひもゆふくれに-なるみかた-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集666番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集666番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集666番の情報歌番号666詞書題しらす作者|歌人前大納言公任和歌白山にとしふる雪やつもるらんよはにかたしくたもとさゆなり読み仮名ふりがなしらやまも-としふるゆきや-つもるらむ-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集682番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集682番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集682番の情報歌番号682詞書雪朝大原にてよみ侍ける作者|歌人寂然法師和歌たつねきてみちわけわふる人もあらしいくへもつもれ庭の白雪読み仮名ふりがなたつねきて-みちわけわふる-ひ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集698番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集698番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集698番の情報歌番号698詞書-作者|歌人摂政太政大臣和歌いその神ふる野のをさゝしもをへてひとよはかりにのこるとしかな読み仮名ふりがないそのかみ-ふるののをささ-しもをへて-ひ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集635番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集635番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集635番の情報歌番号635詞書百首哥たてまつりし時作者|歌人良経和歌かたしきの袖の氷もむすほゝれとけてねぬよの夢そみしかき読み仮名ふりがなかたしきの-そてのこほりも-むすほほれ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集651番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集651番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集651番の情報歌番号651詞書文治六年女御入内屏風に作者|歌人正三位季経和歌風さゆるとしまかいそのむらちとりたちゐは浪の心なりけり読み仮名ふりがなかせさゆる-をしまかいその-む...
巻第六|冬歌

新古今和歌集667番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集667番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集667番の情報歌番号667詞書夜深聞雪といふことを作者|歌人刑部卿範兼和歌あけやらぬねさめのとこにきこゆなりまかきの竹の雪のしたおれ読み仮名ふりがなあけやらぬ-ねさめのとこに-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集683番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集683番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集683番の情報歌番号683詞書百首哥の中に作者|歌人太上天皇和歌このころは花も紅葉もえたになししはしなきえそ松のしらゆき読み仮名ふりがなこのころは-はなももみちも-えたになし-...
巻第六|冬歌

新古今和歌集699番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集699番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集699番の情報歌番号699詞書-作者|歌人前大僧正慈円和歌としのあけてうきよの夢のさむへくはくるともけふはいとはさらまし読み仮名ふりがなとしのあけて-うきよのゆめの-さむへくは...
巻第六|冬歌

新古今和歌集636番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集636番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集636番の情報歌番号636詞書最勝四天王院の障子にうちかはかきたるところ作者|歌人太上天皇和歌はしひめのかたしき衣さむしろにまつよむなしきうちのあけほの読み仮名ふりがなはしひめ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集652番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集652番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集652番の情報歌番号652詞書五十首哥たてまつりし時作者|歌人雅経朝臣和歌はかなしやさてもいくよかゆく水にかすかきわふるをしのひとりね読み仮名ふりがなはかなしや-さてもいくよか...
巻第六|冬歌

新古今和歌集668番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集668番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集668番の情報歌番号668詞書うへのをのことも暁望山雪といへる心をつかうまつりけるに作者|歌人高倉院御哥和歌をとは山さやかに見ゆる白雪をあけぬとつくるとりのこゑかな読み仮名ふり...
巻第六|冬歌

新古今和歌集684番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集684番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集684番の情報歌番号684詞書千五百番哥合に作者|歌人右衛門督通具和歌草も木もふりまかへたる雪もよに春まつむめの花のかそする読み仮名ふりがなくさもきも-ふりまかへたる-ゆきもよ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集700番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集700番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集700番の情報歌番号700詞書-作者|歌人権律師隆聖和歌あさことのあか井の水にとしくれてわかよのほとのくまれぬるかな読み仮名ふりがなあさことの-あかゐのみつに-としくれて-わか...
巻第六|冬歌

新古今和歌集637番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集637番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集637番の情報歌番号637詞書-作者|歌人前大僧正慈円和歌あしろ木にいさよふ浪のをとふけてひとりやねぬるうちのはしひめ読み仮名ふりがなあしろきに-いさよふなみの-おとふけて-ひ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集653番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集653番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集653番の情報歌番号653詞書堀河院に百首哥たてまつりけるに作者|歌人河内和歌水鳥のかものうきねのうきなから浪のまくらにいくよねぬらん読み仮名ふりがなみつとりの-かものうきねの...
巻第六|冬歌

新古今和歌集669番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集669番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集669番の情報歌番号669詞書紅葉のちれりけるうへにはつゆきのふりかゝりて侍けるを見て上東門院に侍ける女房につかはしける作者|歌人藤原家経朝臣和歌山さとはみちもやみえすなりぬら...
巻第六|冬歌

新古今和歌集685番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集685番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集685番の情報歌番号685詞書百首哥めしける時作者|歌人崇徳院御哥和歌みかりするかた野のみのにふるあられあなかまゝたき鳥もこそたて読み仮名ふりがなみかりする-かたののみのに-ふ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集701番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集701番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集701番の情報歌番号701詞書百首哥たてまつりし時作者|歌人入道左大臣和歌いそかれぬとしのくれこそあはれなれむかしはよそにきゝし春かは読み仮名ふりがないそかれぬ-としのくれこそ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集638番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集638番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集638番の情報歌番号638詞書百首哥中に作者|歌人式子内親王和歌見るまゝに冬はきにけりかものゐるいりえのみきはうすこほりつゝ読み仮名ふりがなみるままに-ふゆはきにけり-かものゐ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集654番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集654番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集654番の情報歌番号654詞書たいしらす作者|歌人湯原王和歌よしのなるなつみの河のかはよとにかもそなくなる山かけにして読み仮名ふりがなよしのなる-なつみのかはの-かはよとに-か...
巻第六|冬歌

新古今和歌集670番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集670番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集670番の情報歌番号670詞書野亭雪をよみ侍ける作者|歌人藤原国房和歌さひしさをいかにせよとてをかへなるならの葉したり雪のふるらん読み仮名ふりがなさひしさを-いかにせよとて-を...
巻第六|冬歌

新古今和歌集686番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集686番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集686番の情報歌番号686詞書内大臣に侍ける時家哥合に作者|歌人法性寺入道前関白太政大臣和歌みかりすとゝたちのはらをあさりつゝかたのゝ野辺にけふもくらしつ読み仮名ふりがなみかり...
巻第六|冬歌

新古今和歌集702番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集702番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集702番の情報歌番号702詞書としのくれに身のおいぬることをなけきてよみ侍ける作者|歌人和泉式部和歌かそふれはとしのゝこりもなかりけりおいぬるはかりかなしきはなし読み仮名ふりが...
巻第六|冬歌

新古今和歌集639番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集639番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集639番の情報歌番号639詞書摂政太政大臣家哥合に湖上冬月作者|歌人藤原家隆朝臣和歌しかのうらやとをさかりゆく浪間よりこほりていつる有あけの月読み仮名ふりがなしかのうらや-とほ...
巻第六|冬歌

新古今和歌集655番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集655番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集655番の情報歌番号655詞書-作者|歌人能因法師和歌ねやのうへにかたえさしおほひそともなる葉ひろかしはに霰ふる也読み仮名ふりがなねやのうへに-かたえさしおほひ-そともなる-は...
タイトルとURLをコピーしました