新古今和歌集663番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集663番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集663番の情報

歌番号663
詞書入道前関白右大臣に侍ける時家哥合に雪をよめる
作者|歌人寂蓮法師
和歌ふりそむるけさたに人のまたれつるみ山のさとの雪の夕くれ
読み仮名
ふりがな
ふりそむる-けさたにひとの-またれつる-みやまのさとの-ゆきのゆふくれ
分割ふりそむる
けさたにひとの
またれつる
みやまのさとの
ゆきのゆふくれ
ローマ字読み
大文字
FURISOMURU-KESATANIHITONO-MATARETSURU-MIYAMANOSATONO-YUKINOYUFUKURE
ローマ字読み
小文字
furisomuru-kesatanihitono-mataretsuru-miyamanosatono-yukinoyufukure
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました