巻第二十|釈教歌

巻第二十「釈教歌」の和歌を一覧にまとめました。

巻第二十|釈教歌の和歌一覧

1916なをたのめしめちかはらのさせも草わかよの中にあらんかきりは
1917なにかおもふなにをかなけく世中はたゝあさかほの花のうへの露
1918山ふかくとしふるわれもあるものをいつちか月のいてゝゆくらん
1919あしそよくしほせの浪のいつまてかうきよの中にうかひわたらん
1920阿耨多羅三藐三菩提のほとけたちわかたつそまに冥加あらせたまへ
1921のりの舟さしてゆく身そもろ/\の神もほとけもわれをみそなへ
1922しるへある時にたにゆけこくらくのみちにまとへる世中の人
1923寂寞のこけのいはと(と=屋イ)のしつけきになみたの雨のふらぬ日そなき
1924南無阿弥陀ほとけのみてにかくるいとのをはりみたれぬ心ともかな
1925われたにもまつこくらくにむまなれはしるもしらぬもみなむかへてん
1926にこりなきかめ井の水をむすひあけて心のちりをすゝきつる哉
1927わたつうみのそこよりきつるほともなくこの身なからに身をそきはむる
1928かすならぬいのちはなにかおしからんのりとくほとをしのふはかりそ
1929紫の雲のはやしを見わたせはのりにあふちの花さきにけり
1930たにかはのなかれしきよくすみぬれはくまなき月のかけもうかひぬ
1931ねかはくはしはしやみちにやすらひてかゝけやせまし法のともし火
1932とくみのきくのしらつゆよるはをきてつとめてきえんことをしそおもふ
1933極楽へまたわか心ゆきつかすひつしのあゆみしはしとゝまれ
1934わか心なをはれやらぬ秋きりにほのかに見ゆる在曙の月
1935おく山にひとりうきよはさとりにきつねなきいろを風になかめて
1936いろにのみそめし心のくやしきをむなしとゝけるのりのうれしさ
1937むらさきの雲ちにさそふことのねにうきよをはらふ峯の松風
1938これやこのうきよのほかの春ならん花のとほそのあけほのゝ空
1939春秋にかきらぬ花にをくつゆはをくれさきたつうらみやはある
1940たちかへりくるしきうみにをくあみもふかきえにこそ心ひくらめ
1941いつくにもわかのりならぬのりやあるとそらふく風にとへとこたへぬ
1942おもふなようきよの中をいてはてゝやとるおくにもやとは有けり
1943わしの山けふきくのりのみちならてかへらぬやとにゆく人そなき
1944をしなへてむなしきそらとおもひしにふちさきぬれは紫の雲
1945をしなへてうき身はさこそなるみかたみちひるしほのかはるのみかは
1946あさ日さすみねのつゝきはめくめともまた霜ふかしたにのかけ草
1947そこきよく心の水をすまさすはいかゝさとりのはちすをもみん
1948さらすとていくよもあらしいさやさはのりにかへつる命とおもはん
1949ふかきよのまとうつ雨にをとせぬはうきよをのきのしのふなりけり
1950いにしへの鹿なく野辺のいほりにも心の月はくもらさりけん
1951みちのへのほたるはかりをしるへにてひとりそいつる夕やみの空
1952雲はれてむなしきそらにすみなからうきよの中をめくる月哉
1953ふく風にはなたち花やにほふらんむかしおほゆるけふの庭哉
1954やみふかきこのもとことに契をきてあさたつきりのあとのつゆけさ
1955けふすきぬいのちもしかとおとろかす入あひのかねの声そかなしき
1956草ふかきかりはのをのをたちいてゝともまとはせる鹿そなくなる
1957そむかすはいつれのよにかめくりあひておもひけりとも人にしられん
1958あひみてもみねにわかるゝ白雲のかゝるこのよのいとはしき哉
1959をとにきく君かりいつかいきの松まつらんものを心つくしに
1960わかれにしそのおもかけのこひしき夢にも見えよ山の葉の月
1961わたつうみのふかきにしつむいさりせてたもつかひあるのりをもとめよ
1962うきくさのひとはなりともいそかくれおもひなかけそおきつ白浪
1963さらぬたにをもきかうへにさよころもわかつまならぬつまなかさねそ
1964はなのもとつゆのなさけはほともあらしゑいなすゝめそ春の山風
1965うきをなをむかしのゆへとおもはすはいかにこのよをうらみはてまし
1966わたすへきかすもかきらぬはし/\らいかにたてけるちかひなるらん
1967いまそこれいり日を見てもおもひこしみたのみくにの夕くれの空
1968いにしへのおのへのかねににたるかなきしうつ浪の暁の声
1969しつかなるあか月ことに見わたせはまたふかきよの夢そかなしき
1970あふことをいつくにとてかちきるへきうき身のゆかんかたをしらねは
1971玉かけし衣のうらをかへしてそをろかなりける心をはしる
1972夢やゆめうつゝや夢とわかぬかないかなるよにかさめんとすらん
1973つねよりもけふのけふりのたよりにやにしをはるかにおもひやるらん
1974けふはいとゝなみたにくれぬにしの山おもひいり日のかけをなかめて
1975にしへゆくしるへとおもふ月かけのそらたのめこそかひなかりけれ
1976たちいらて雲まをわけし月かけはまたぬけしきやそらにみえけん
1977むかし見し月のひかりをしるへにてこよひや君かにしへゆくらん
1978やみはれて心のそらにすむ月はにしの山へやちかくなるらん
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1930番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1930番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1930番の情報歌番号1930詞書涅槃経をよみ侍ける時ゆめにちる花に池のこほりもとけぬなり花ふきちらすはるのよのそらとかきて人の見せ侍けれはゆめのうちにかへすとおほえけるうた...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1946番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1946番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1946番の情報歌番号1946詞書先照高山作者|歌人崇徳院和歌あさ日さすみねのつゝきはめくめともまた霜ふかしたにのかけ草読み仮名ふりがなあさひさす-みねのつつきは-めくめとも...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1962番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1962番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1962番の情報歌番号1962詞書不偸盗戒作者|歌人寂然法師和歌うきくさのひとはなりともいそかくれおもひなかけそおきつ白浪読み仮名ふりがなうきくさの-ひとはなりとも-いそかく...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1978番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1978番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1978番の情報歌番号1978詞書観心をよみ侍ける作者|歌人西行法師和歌やみはれて心のそらにすむ月はにしの山へやちかくなるらん読み仮名ふりがなやみはれて-こころのそらに-すむ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1931番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1931番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1931番の情報歌番号1931詞書述懐哥の中に作者|歌人前大僧正慈円和歌ねかはくはしはしやみちにやすらひてかゝけやせまし法のともし火読み仮名ふりがなねかはくは-しはしやみちに...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1947番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1947番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1947番の情報歌番号1947詞書家に百首哥よみ侍ける時五智の心を妙観察智作者|歌人入道前関白太政大臣和歌そこきよく心の水をすまさすはいかゝさとりのはちすをもみん読み仮名ふり...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1963番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1963番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1963番の情報歌番号1963詞書不邪婬戒作者|歌人寂然法師和歌さらぬたにをもきかうへにさよころもわかつまならぬつまなかさねそ読み仮名ふりがなさらぬたに-おもきかうへの-さよ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1916番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1916番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1916番の情報歌番号1916詞書-作者|歌人番号外作者和歌なをたのめしめちかはらのさせも草わかよの中にあらんかきりは読み仮名ふりがななほたのめ-しめちかはらの-させもくさ-...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1932番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1932番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1932番の情報歌番号1932詞書-作者|歌人慈円和歌とくみのきくのしらつゆよるはをきてつとめてきえんことをしそおもふ読み仮名ふりがなとくみのり-きくのしらつゆ-よるはおきて...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1948番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1948番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1948番の情報歌番号1948詞書勧持品作者|歌人正三位経家和歌さらすとていくよもあらしいさやさはのりにかへつる命とおもはん読み仮名ふりがなさらすとて-いくよもあらし-いさや...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1964番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1964番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1964番の情報歌番号1964詞書不[酉+古]酒戒作者|歌人寂然法師和歌はなのもとつゆのなさけはほともあらしゑいなすゝめそ春の山風読み仮名ふりがなはなのもと-つゆのなさけは-...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1917番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1917番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1917番の情報歌番号1917詞書-作者|歌人番号外作者和歌なにかおもふなにをかなけく世中はたゝあさかほの花のうへの露読み仮名ふりがななにかおもふ-なにとかなけく-よのなかは...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1933番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1933番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1933番の情報歌番号1933詞書-作者|歌人慈円和歌極楽へまたわか心ゆきつかすひつしのあゆみしはしとゝまれ読み仮名ふりがなこくらくへ-またわかこころ-ゆきつかす-ひつしのあ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1949番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1949番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1949番の情報歌番号1949詞書法師品 加刀杖瓦石念仏故応忍のこゝろを作者|歌人寂蓮法師和歌ふかきよのまとうつ雨にをとせぬはうきよをのきのしのふなりけり読み仮名ふりがなふか...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1965番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1965番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1965番の情報歌番号1965詞書入道前関白家に十如是哥よませ侍けるに如是報作者|歌人二条院讃岐和歌うきをなをむかしのゆへとおもはすはいかにこのよをうらみはてまし読み仮名ふり...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1918番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1918番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1918番の情報歌番号1918詞書このふたうたは清水観音御哥となんいひつたへたる智縁上人伯耆の大山にまいりていてなんとしけるあか月ゆめに見えけるうた作者|歌人番号外作者和歌山...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1934番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1934番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1934番の情報歌番号1934詞書観心如月輪若在軽霧中の心を作者|歌人権僧正公胤和歌わか心なをはれやらぬ秋きりにほのかに見ゆる在曙の月読み仮名ふりがなわかこころ-なほはれやら...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1950番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1950番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1950番の情報歌番号1950詞書五百弟子品 内秘菩薩行の心を作者|歌人前大僧正慈円和歌いにしへの鹿なく野辺のいほりにも心の月はくもらさりけん読み仮名ふりがないにしへの-しか...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1966番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1966番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1966番の情報歌番号1966詞書待賢門院中納言人々にすゝめて廿八品哥よませ侍けるに序品 広度諸衆生 其数無有量の心を作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌わたすへきかすもかきらぬは...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1919番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1919番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1919番の情報歌番号1919詞書なにはのみつてらにてあしの葉のそよくをきゝて作者|歌人行基菩薩和歌あしそよくしほせの浪のいつまてかうきよの中にうかひわたらん読み仮名ふりがな...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1935番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1935番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1935番の情報歌番号1935詞書家に百首哥よみ侍ける時十界の心をよみ侍けるに縁覚の心を作者|歌人摂政太政大臣和歌おく山にひとりうきよはさとりにきつねなきいろを風になかめて読...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1951番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1951番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1951番の情報歌番号1951詞書人々すゝめて法文百首哥よみ侍けるに二乗但空智如蛍火作者|歌人寂然法師和歌みちのへのほたるはかりをしるへにてひとりそいつる夕やみの空読み仮名ふ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1967番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1967番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1967番の情報歌番号1967詞書美福門院に極楽六時讃のゑにかゝるへきうたたてまつるへきよし侍けるによみ侍ける時に大衆法を聞て弥歓喜瞻仰せん作者|歌人俊成和歌いまそこれいり日...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1920番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1920番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1920番の情報歌番号1920詞書比叡山中堂建立の時作者|歌人伝教大師和歌阿耨多羅三藐三菩提のほとけたちわかたつそまに冥加あらせたまへ読み仮名ふりがなあのくたら-さみやさほた...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1936番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1936番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1936番の情報歌番号1936詞書心経の心をよめる作者|歌人小侍従和歌いろにのみそめし心のくやしきをむなしとゝけるのりのうれしさ読み仮名ふりがないろにのみ-そめしこころの-く...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1952番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1952番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1952番の情報歌番号1952詞書菩薩清涼月 遊於畢竟空作者|歌人寂然法師和歌雲はれてむなしきそらにすみなからうきよの中をめくる月哉読み仮名ふりがなくもはれて-むなしきそらに...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1968番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1968番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1968番の情報歌番号1968詞書あかつきいたりて浪のこゑ金の岸によするほと作者|歌人俊成和歌いにしへのおのへのかねににたるかなきしうつ浪の暁の声読み仮名ふりがないにしへの-...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1921番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1921番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1921番の情報歌番号1921詞書入唐時哥作者|歌人智証大師和歌のりの舟さしてゆく身そもろ/\の神もほとけもわれをみそなへ読み仮名ふりがなのりのふね-さしてゆくみそ-もろもろ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1937番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1937番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1937番の情報歌番号1937詞書摂政太政大臣家百首哥に十楽のこゝろをよみ侍けるに聖衆来迎楽作者|歌人寂蓮法師和歌むらさきの雲ちにさそふことのねにうきよをはらふ峯の松風読み仮...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1953番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1953番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1953番の情報歌番号1953詞書梅檀香風 悦可衆心作者|歌人寂然法師和歌ふく風にはなたち花やにほふらんむかしおほゆるけふの庭哉読み仮名ふりがなふくかせに-はなたちはなや-に...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1969番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1969番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1969番の情報歌番号1969詞書百首哥の中に毎日晨朝入諸定のこゝろを作者|歌人式子内親王和歌しつかなるあか月ことに見わたせはまたふかきよの夢そかなしき読み仮名ふりがなしつか...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1922番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1922番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1922番の情報歌番号1922詞書菩提寺の講堂のはしらにむしのくひたりけるうた作者|歌人番号外作者和歌しるへある時にたにゆけこくらくのみちにまとへる世中の人読み仮名ふりがなし...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1938番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1938番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1938番の情報歌番号1938詞書蓮花初開楽作者|歌人寂蓮法師和歌これやこのうきよのほかの春ならん花のとほそのあけほのゝ空読み仮名ふりがなこれやこの-うきよのほかの-はるなら...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1954番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1954番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1954番の情報歌番号1954詞書作是教已 復至他国作者|歌人寂然法師和歌やみふかきこのもとことに契をきてあさたつきりのあとのつゆけさ読み仮名ふりがなやみふかき-このもとこと...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1970番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1970番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1970番の情報歌番号1970詞書発心和哥集の哥普門品 種々諸悪趣作者|歌人選子内親王和歌あふことをいつくにとてかちきるへきうき身のゆかんかたをしらねは読み仮名ふりがなあふこ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1923番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1923番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1923番の情報歌番号1923詞書みたけの笙のいはやにこもりてよめる作者|歌人日蔵上人和歌寂寞のこけのいはと(と=屋イ)のしつけきになみたの雨のふらぬ日そなき読み仮名ふりがな...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1939番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1939番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1939番の情報歌番号1939詞書快楽不退楽作者|歌人寂蓮法師和歌春秋にかきらぬ花にをくつゆはをくれさきたつうらみやはある読み仮名ふりがなはるあきも-かきらぬはなに-おくつゆ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1955番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1955番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1955番の情報歌番号1955詞書此日已過 命即衰滅作者|歌人寂然法師和歌けふすきぬいのちもしかとおとろかす入あひのかねの声そかなしき読み仮名ふりがなけふすきぬ-いのちもしか...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1971番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1971番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1971番の情報歌番号1971詞書五百弟子品のこゝろを作者|歌人僧都源信和歌玉かけし衣のうらをかへしてそをろかなりける心をはしる読み仮名ふりがなたまかけし-ころものうらを-か...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1924番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1924番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1924番の情報歌番号1924詞書臨終正念ならんことを思てよめる作者|歌人法円上人和歌南無阿弥陀ほとけのみてにかくるいとのをはりみたれぬ心ともかな読み仮名ふりがななむあみた-...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1940番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1940番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1940番の情報歌番号1940詞書引摂結縁楽作者|歌人寂蓮法師和歌たちかへりくるしきうみにをくあみもふかきえにこそ心ひくらめ読み仮名ふりがなたちかへり-くるしきうみに-おくあ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1956番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1956番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1956番の情報歌番号1956詞書悲鳴咽 痛恋本群作者|歌人素覚法師和歌草ふかきかりはのをのをたちいてゝともまとはせる鹿そなくなる読み仮名ふりがなくさふかき-かりはのをのを-...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1972番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1972番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1972番の情報歌番号1972詞書維摩経 十喩中に此身如夢といへる心を作者|歌人赤染衛門和歌夢やゆめうつゝや夢とわかぬかないかなるよにかさめんとすらん読み仮名ふりがなゆめやゆ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1925番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1925番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1925番の情報歌番号1925詞書題しらす作者|歌人僧都源信和歌われたにもまつこくらくにむまなれはしるもしらぬもみなむかへてん読み仮名ふりがなわれたにも-まつこくらくに-うま...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1941番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1941番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1941番の情報歌番号1941詞書法花経廿八品哥よみ侍けるに方便品唯有一乗法の心を作者|歌人前大僧正慈円和歌いつくにもわかのりならぬのりやあるとそらふく風にとへとこたへぬ読み...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1957番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1957番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1957番の情報歌番号1957詞書棄恩入無為作者|歌人寂然法師和歌そむかすはいつれのよにかめくりあひておもひけりとも人にしられん読み仮名ふりがなそむかすは-いつれのよにか-め...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1973番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1973番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1973番の情報歌番号1973詞書二月十五日のくれ方に伊勢大輔かもとにつかはしける作者|歌人相模和歌つねよりもけふのけふりのたよりにやにしをはるかにおもひやるらん読み仮名ふり...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1926番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1926番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1926番の情報歌番号1926詞書天王寺のかめ井の水を御覧して作者|歌人上東門院和歌にこりなきかめ井の水をむすひあけて心のちりをすゝきつる哉読み仮名ふりがなにこりなき-かめゐ...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1942番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1942番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1942番の情報歌番号1942詞書化城喩品 化作大城[土+郭]作者|歌人慈円和歌おもふなようきよの中をいてはてゝやとるおくにもやとは有けり読み仮名ふりがなおもふなよ-うきよの...
巻第二十|釈教歌

新古今和歌集1958番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1958番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1958番の情報歌番号1958詞書合会有別離作者|歌人源季広和歌あひみてもみねにわかるゝ白雲のかゝるこのよのいとはしき哉読み仮名ふりがなあひみても-みねにわかるる-しらくもの...
タイトルとURLをコピーしました