新古今和歌集1918番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1918番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1918番の情報

歌番号1918
詞書このふたうたは清水観音御哥となんいひつたへたる智縁上人伯耆の大山にまいりていてなんとしけるあか月ゆめに見えけるうた
作者|歌人番号外作者
和歌山ふかくとしふるわれもあるものをいつちか月のいてゝゆくらん
読み仮名
ふりがな
やまふかく-としふるわれも-あるものを-いつちかつきの-いててゆくらむ
分割やまふかく
としふるわれも
あるものを
いつちかつきの
いててゆくらむ
ローマ字読み
大文字
YAMAFUKAKU-TOSHIFURUWAREMO-ARUMONO-ITSUCHIKATSUKINO-ITETEYUKURAMU
ローマ字読み
小文字
yamafukaku-toshifuruwaremo-arumono-itsuchikatsukino-iteteyukuramu
巻数巻第二十|釈教歌
タイトルとURLをコピーしました