巻第十九|神祇歌

巻第十九「神祇歌」の和歌を一覧にまとめました。

巻第十九|神祇歌の和歌一覧

1852しるらめやけふのねの日のひめこ松おひんすゑまてさかゆへしとは
1853なさけなくおる人つらしわかやとのあるしわすれぬ梅のたちえを
1854ふたらくのみなみのきしにたうたてゝいまそさかえんきたのふちなみ
1855夜やさむき衣やうすきかたそきのゆきあひのまより霜やをくらん
1856いかはかりとしはへねともすみの江の松そふたゝひおひかはりぬる
1857むつましと君はしらなみみつかきのひさしきよゝりいはひそめてき
1858人しれすいまや/\とちはやふる神さふるまて君をこそまて
1859みちとをしほともはるかにへたゝれりおもひをこせよわれもわすれし
1860おもふこと身にあまるまてなる瀧のしはしよとむをなにうらむらん
1861われたのむ人いたつらになしはては又雲わけてのほるはかりそ
1862かゝみにもかけみたらしの水のおもにうつるはかりの心とをしれ
1863ありきつゝきつゝ見れともいさきよき人の心をわれわすれめや
1864にしのうみたつ白浪のうへにしてなにすくすらんかりのこのよを
1865しらなみにたまよりひめのこしことはなきさやつゐにとまりなりけん
1866ひさかたのあめのやへ雲ふりわけてくたりし君をわれそむかへし
1867とひかけるあまのいはふねたつねてそあきつしまには宮はしめける
1868やまとかもうみにあらしのにしふかはいつれのうらにみ舟つなかん
1869をく霜にいろもかはらぬさかき葉のかをやは人のとめてきつらん
1870宮人のすれるころもにゆふたすきかけて心をたれによすらん
1871神風やみもすそ河のそのかみに契しことのすゑをたかふな
1872契ありてけふみやかはのゆふかつらなかきよまてもかけてたのまん
1873うれしさも哀もいかにこたへましふるさと人にとはれましかは
1874神風やいすゝ河浪かすしらすすむへきみよに又かへりこん
1875なかめはや神ちの山に雲きえてゆふへのそらをいてん月かけ
1876神かせやとよみてくらになひくしてかけてあふくといふもかしこし
1877宮はしらしたついはねにしきたてゝつゆもくもらぬ日のみかけ哉
1878神ち山月さやかなるちかひありてあめのしたをはてらすなりけり
1879さやかなるわしのたかねの雲井よりかけやはらくる月よみのもり
1880やはらくるひかりにあまるかけなれやいすゝかはらの秋のよの月
1881たちかへり又も見まくのほしきかなみもすそかはのせゝの白浪
1882神風やいすゝのかはの宮はしらいくちよすめとたちはしめけん
1883神風やたまくしの葉をとりかさしうちとの宮に君をこそいのれ
1884神かせや山田のはらのさかき葉に心のしめをかけぬ日そなき
1885いすゝ河そらやまたきに秋の声したついはねの松の夕風
1886ちはやふるかしゐの宮のあやすきは神のみそきにたてるなりけり
1887さかき葉にそのいふかひはなけれとも神に心をかけぬまそなき
1888としをへてうきかけをのみみたらしのかはるよもなき身をいかにせん
1889月さゆるみたらし河にかけみえてこほりにすれる山あゐの袖
1890ゆふしての風にみたるゝをとさえて庭しろたへに雪そつもれる
1891君をいのる心のいろを人とはゝたゝすの宮のあけの玉かき
1892あとたれし神にあふひのなかりせはなにゝたのみをかけてすきまし
1893おほみ田のうるおふはかりせきかけて井せきにおとせかはかみの神
1894いしかはのせみのをかはのきよけれは月もなかれをたつねてそすむ
1895よろつよをいのりそかくるゆふたすきかすかの山の峯の嵐に
1896けふまつる神の心やなひくらんしてに浪たつさほのかは風
1897あめのしたみかさの山のかけならてたのむかたなき身とはしらすや
1898かすか野のをとろのみちのむもれ水すゑたに神のしるしあらはせ
1899ちよまても心してふけもみちはを神もをしほの山おろしの風
1900をしほ山神のしるしを松の葉にちきりしいろはかへる物かは
1901やはらくるかけそふもとにくもりなきもとの光はみねにすめとも
1902わかたのむなゝのやしろのゆふたすきかけてもむつの道にかへすな
1903をしなへて日よしのかけはくもらぬになみたあやしき昨日けふかな
1904もろ人のねかひをみつのはま風に心すゝしきしてのをとかな
1905さめぬれはおもひあはせてねをそなく心つくしの古の夢
1906さきにほふ花のけしきをみるからに神の心そゝらにしらるゝ
1907いはにむすこけふみならすみくまのゝ山のかひあるゆくすゑもかな
1908くまのかはくたすはやせのみなれさほさすかみなれぬ浪のかよひち
1909たちのほるしほやのけふりうら風になひくを神の心とも哉
1910いはしろの神はしるらんしるへせよたのむうきよの夢のゆくすゑ
1911契あれはうれしきかゝるおりにあひぬわするな神もゆくすゑの空
1912としふともこしの白山わすれすはかしらの雪を哀とも見よ
1913すみよしのはま松かえに風ふけはなみのしらゆふかけぬまそなき
1914さかき葉の霜うちはらひかれすのみすめとそいのる神のみまへに
1915河やしろしのにおりはへほす衣いかにほせはかなぬかひさらん
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1914番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1914番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1914番の情報歌番号1914詞書ある所の屏風のゑに十一月神まつる家のまへに馬にのりて人のゆく所を作者|歌人能宣朝臣和歌さかき葉の霜うちはらひかれすのみすめとそいのる神のみま...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1899番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1899番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1899番の情報歌番号1899詞書大原野祭にまいりて周防内侍につかはしける作者|歌人藤原伊家和歌ちよまても心してふけもみちはを神もをしほの山おろしの風読み仮名ふりがなちよまて...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1915番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1915番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1915番の情報歌番号1915詞書延喜御時屏風に夏神楽の心をよみ侍ける作者|歌人紀貫之和歌河やしろしのにおりはへほす衣いかにほせはかなぬかひさらん読み仮名ふりがなかはやしろ-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1900番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1900番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1900番の情報歌番号1900詞書最勝四天王院の障子にをしほ山かきたる所作者|歌人前大僧正慈円和歌をしほ山神のしるしを松の葉にちきりしいろはかへる物かは読み仮名ふりがなをしほ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1901番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1901番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1901番の情報歌番号1901詞書日吉社にたてまつりける哥の中に二宮を作者|歌人慈円和歌やはらくるかけそふもとにくもりなきもとの光はみねにすめとも読み仮名ふりがなやはらくる-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1902番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1902番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1902番の情報歌番号1902詞書述懐の心を作者|歌人慈円和歌わかたのむなゝのやしろのゆふたすきかけてもむつの道にかへすな読み仮名ふりがなわかたのむ-ななのやしろの-ゆふたす...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1903番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1903番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1903番の情報歌番号1903詞書-作者|歌人慈円和歌をしなへて日よしのかけはくもらぬになみたあやしき昨日けふかな読み仮名ふりがなおしなへて-ひよしのかけは-くもらぬに-なみ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1904番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1904番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1904番の情報歌番号1904詞書-作者|歌人慈円和歌もろ人のねかひをみつのはま風に心すゝしきしてのをとかな読み仮名ふりがなもろともの-ねかひをみつの-はまかせに-こころすす...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1905番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1905番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1905番の情報歌番号1905詞書北野によみてたてまつりける作者|歌人慈円和歌さめぬれはおもひあはせてねをそなく心つくしの古の夢読み仮名ふりがなさめぬれは-おもひあはせて-ね...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1906番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1906番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1906番の情報歌番号1906詞書熊野へまうてたまひける時みちに花のさかりなりけるを御覧して作者|歌人白河院御哥和歌さきにほふ花のけしきをみるからに神の心そゝらにしらるゝ読み...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1907番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1907番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1907番の情報歌番号1907詞書熊野にまいりてたてまつり侍し作者|歌人太上天皇和歌いはにむすこけふみならすみくまのゝ山のかひあるゆくすゑもかな読み仮名ふりがないはにむす-こ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1908番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1908番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1908番の情報歌番号1908詞書新宮にまうつとて熊野河にて作者|歌人後鳥羽院和歌くまのかはくたすはやせのみなれさほさすかみなれぬ浪のかよひち読み仮名ふりがなくまのかは-くた...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1909番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1909番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1909番の情報歌番号1909詞書白河院くまのにまうてたまへりける御ともの人/\しほやの王子にて哥よみ侍けるに作者|歌人徳大寺左大臣和歌たちのほるしほやのけふりうら風になひく...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1910番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1910番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1910番の情報歌番号1910詞書くまのへまうて侍しにいはしろ王子に人々の名なとかきつけさせてしはし侍しに拝殿のなけしにかきつけて侍し哥作者|歌人読人しらす和歌いはしろの神は...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1911番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1911番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1911番の情報歌番号1911詞書くまのゝ本宮やけてとしのうちに遷宮侍しにまいりて作者|歌人太上天皇和歌契あれはうれしきかゝるおりにあひぬわするな神もゆくすゑの空読み仮名ふり...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1912番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1912番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1912番の情報歌番号1912詞書加賀のかみにて侍ける時しら山にまうてたりけるをおもひいてゝ日吉の客人の宮にてよみ侍ける作者|歌人左京大夫顕輔和歌としふともこしの白山わすれす...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1913番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1913番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1913番の情報歌番号1913詞書一品聡子内親王すみよしにまうてゝ人々うたよみ侍けるによめる作者|歌人藤原道経和歌すみよしのはま松かえに風ふけはなみのしらゆふかけぬまそなき読...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1866番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1866番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1866番の情報歌番号1866詞書猿田彦作者|歌人紀淑望和歌ひさかたのあめのやへ雲ふりわけてくたりし君をわれそむかへし読み仮名ふりがなひさかたの-あめのやへくも-ふりわけて-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1882番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1882番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1882番の情報歌番号1882詞書入道前関白家百首哥よみ侍けるに作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌神風やいすゝのかはの宮はしらいくちよすめとたちはしめけん読み仮名ふりがなかみかせ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1898番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1898番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1898番の情報歌番号1898詞書皇太后宮大夫俊成作者|歌人俊成和歌かすか野のをとろのみちのむもれ水すゑたに神のしるしあらはせ読み仮名ふりがなかすかのの-おとろのみちの-うも...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1867番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1867番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1867番の情報歌番号1867詞書玉依姫作者|歌人三統理平和歌とひかけるあまのいはふねたつねてそあきつしまには宮はしめける読み仮名ふりがなとひかける-あまのいはふね-たつねて...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1883番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1883番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1883番の情報歌番号1883詞書-作者|歌人俊恵法師和歌神風やたまくしの葉をとりかさしうちとの宮に君をこそいのれ読み仮名ふりがなかみかせや-たまくしのはを-とりかはし-うち...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1852番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1852番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1852番の情報歌番号1852詞書-作者|歌人番号外作者和歌しるらめやけふのねの日のひめこ松おひんすゑまてさかゆへしとは読み仮名ふりがなしるらめや-けふのねのひの-ひめこまつ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1868番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1868番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1868番の情報歌番号1868詞書賀茂社の午日うたひ侍なる哥作者|歌人番号外作者和歌やまとかもうみにあらしのにしふかはいつれのうらにみ舟つなかん読み仮名ふりがなやまとかも-う...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1884番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1884番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1884番の情報歌番号1884詞書五十首哥たてまつりし時作者|歌人越前和歌神かせや山田のはらのさかき葉に心のしめをかけぬ日そなき読み仮名ふりがなかみかせや-やまたのはらの-さ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1853番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1853番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1853番の情報歌番号1853詞書この哥は日吉社司社頭のうしろの山にまかりて 子日して侍ける夜人のゆめに見えけるとなん作者|歌人番号外作者和歌なさけなくおる人つらしわかやとの...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1869番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1869番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1869番の情報歌番号1869詞書神楽をよみ侍ける作者|歌人紀貫之和歌をく霜にいろもかはらぬさかき葉のかをやは人のとめてきつらん読み仮名ふりがなおくしもに-いろもかはらぬ-さ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1885番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1885番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1885番の情報歌番号1885詞書社頭納涼といふことを作者|歌人大中臣明親和歌いすゝ河そらやまたきに秋の声したついはねの松の夕風読み仮名ふりがないすすかは-そらやまたきに-あ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1854番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1854番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1854番の情報歌番号1854詞書この哥は建久二年のはるのころつくしへまかれり けるものゝ安楽寺の梅をおりて侍ける夜のゆめに 見えけるとなん作者|歌人番号外作者和歌ふたらくの...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1870番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1870番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1870番の情報歌番号1870詞書臨時祭をよめる作者|歌人紀貫之和歌宮人のすれるころもにゆふたすきかけて心をたれによすらん読み仮名ふりがなみやひとの-すれるころもに-ゆふたす...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1886番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1886番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1886番の情報歌番号1886詞書香椎宮のすきをよみ侍ける作者|歌人読人しらす和歌ちはやふるかしゐの宮のあやすきは神のみそきにたてるなりけり読み仮名ふりがなちはやふる-かしひ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1855番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1855番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1855番の情報歌番号1855詞書このうたは興福寺の南円堂つくりはしめ侍ける時 春日のえのもとの明神よみたまへりけるとなん作者|歌人番号外作者和歌夜やさむき衣やうすきかたそき...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1871番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1871番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1871番の情報歌番号1871詞書大将に侍りける時勅使にて太神宮にまうてゝよみ侍ける作者|歌人摂政太政大臣和歌神風やみもすそ河のそのかみに契しことのすゑをたかふな読み仮名ふり...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1887番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1887番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1887番の情報歌番号1887詞書八幡宮の権官にてとしひさしかりけることをうらみて御神楽の夜まいりてさかきにむすひつけ侍ける作者|歌人法印成清和歌さかき葉にそのいふかひはなけ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1856番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1856番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1856番の情報歌番号1856詞書住吉御哥となん作者|歌人番号外作者和歌いかはかりとしはへねともすみの江の松そふたゝひおひかはりぬる読み仮名ふりがないかはかり-としはへねとも...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1872番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1872番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1872番の情報歌番号1872詞書おなし時外宮にてよみ侍ける作者|歌人藤原定家朝臣和歌契ありてけふみやかはのゆふかつらなかきよまてもかけてたのまん読み仮名ふりがなちきりありて...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1888番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1888番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1888番の情報歌番号1888詞書賀茂にまいりて作者|歌人周防内侍和歌としをへてうきかけをのみみたらしのかはるよもなき身をいかにせん読み仮名ふりがなとしをへて-うきかけをのみ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1857番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1857番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1857番の情報歌番号1857詞書この哥はある人すみよしにまうてゝ人ならはとはま しものをすみのえのまつはいくたひおひかはるらん とよみてたてまつりける御返事となんいへる作者...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1873番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1873番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1873番の情報歌番号1873詞書公継卿勅使にて太神宮にまうてゝかへりのほり侍けるに斎宮の女房の中より申をくりける作者|歌人読人しらす和歌うれしさも哀もいかにこたへましふるさ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1889番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1889番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1889番の情報歌番号1889詞書文治六年女御入代の屏風に臨時祭かけるところをよみ侍ける作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌月さゆるみたらし河にかけみえてこほりにすれる山あゐの袖読...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1858番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1858番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1858番の情報歌番号1858詞書伊勢物語に住吉に行幸の時おほんかみけ行したまひてとしるせり作者|歌人番号外作者和歌人しれすいまや/\とちはやふる神さふるまて君をこそまて読み...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1874番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1874番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1874番の情報歌番号1874詞書返し作者|歌人春宮権大夫公継和歌神風やいすゝ河浪かすしらすすむへきみよに又かへりこん読み仮名ふりがなかみかせや-いすすかはなみ-かすしらす-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1890番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1890番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1890番の情報歌番号1890詞書社頭雪といふ心をよみ侍ける作者|歌人按察使公通和歌ゆふしての風にみたるゝをとさえて庭しろたへに雪そつもれる読み仮名ふりがなゆふしての-かせに...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1859番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1859番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1859番の情報歌番号1859詞書このうたは待賢門院の堀河山とのかたより くまのへまうて侍けるにかすかへまいるへきよし のゆめを見たりけれとのちにまいらんとおもひて まかりす...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1875番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1875番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1875番の情報歌番号1875詞書太神宮のうたのなかに作者|歌人太上天皇和歌なかめはや神ちの山に雲きえてゆふへのそらをいてん月かけ読み仮名ふりがななかめはや-かみちのやまに-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1891番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1891番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1891番の情報歌番号1891詞書十首哥合の中に神祇をよめる作者|歌人前大僧正慈円和歌君をいのる心のいろを人とはゝたゝすの宮のあけの玉かき読み仮名ふりがなきみをいのる-こころ...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1860番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1860番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1860番の情報歌番号1860詞書このうたは陸奥にすみける人の熊野へ三年 まうてんと願をたてゝまいりて侍けるかいみしう くるしかりけれはいまふたゝひをいかにせんとなけ きてお...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1876番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1876番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1876番の情報歌番号1876詞書-作者|歌人後鳥羽院和歌神かせやとよみてくらになひくしてかけてあふくといふもかしこし読み仮名ふりがなかみかせや-とよみてくらに-なひくして-...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1892番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1892番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1892番の情報歌番号1892詞書みあれにまいりてやしろのつかさをのをのあふひをかけゝるによめる作者|歌人賀茂重保和歌あとたれし神にあふひのなかりせはなにゝたのみをかけてすき...
巻第十九|神祇歌

新古今和歌集1861番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1861番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1861番の情報歌番号1861詞書このうたは身のしつめる事をなけきてあつまの かたへまからんとおもひたちける人くまのゝおまへに 通夜して侍けるゆめにみえけるとそ作者|歌人番号...
タイトルとURLをコピーしました