新古今和歌集1900番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1900番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1900番の情報

歌番号1900
詞書最勝四天王院の障子にをしほ山かきたる所
作者|歌人前大僧正慈円
和歌をしほ山神のしるしを松の葉にちきりしいろはかへる物かは
読み仮名
ふりがな
をしほやま-かみのしるしを-まつのはに-ちきりしはるは-かへるものかは
分割をしほやま
かみのしるしを
まつのはに
ちきりしはるは
かへるものかは
ローマ字読み
大文字
OSHIHOYAMA-KAMINOSHIRUSHIO-MATSUNOHANI-CHIKIRISHIHARUHA-KAHERUMONOKAHA
ローマ字読み
小文字
oshihoyama-kaminoshirushio-matsunohani-chikirishiharuha-kaherumonokaha
巻数巻第十九|神祇歌
タイトルとURLをコピーしました