巻第十四|恋歌 四

巻第十四「恋歌 四」の和歌を一覧にまとめました。

巻第十四|恋歌 四の和歌一覧

1234よゐ/\にきみをあはれとおもひつゝ人にはいはてねをのみそなく
1235君たにもおもひいてけるよゐ/\をまつはいかなる心ちかはする
1236こひしさにしぬるいのちを思いてゝとふ人あらはなしとこたへよ
1237わかれては昨日けふこそへたてつれちよをへたる心ちのみする
1238きのふともけふともしらす今はとてわかれしほとの心まとひに
1239たえぬるかゝけたに見えはとふへきにかたみの水はみくさゐにけり
1240かた/\にひきわかれつゝあやめくさあらぬねをやはかけんとおもひし
1241ことの葉のうつろふたにもあるものをいとゝ時雨のふりまさるらん
1242ふく風につけてもとはんさゝかにのかよひしみちはそらにたゆとも
1243くすの葉にあらぬわか身も秋風のふくにつけつゝうらみつる哉
1244霜さやく野辺のくさはにあらねともなとか人めのかれまさるらん
1245あさちおふる野へやかるらん山かつのかきほのくさは色もかはらす
1246かすむらんほとをもしらすしくれつゝすきにし秋のもみちをそみる
1247いまこんとたのめつゝふることの葉そときはに見ゆるもみちなりける
1248たまほこのみちははるかにあらねともうたて雲井にまとふ比かな
1249思ひやる心はそらにあるものをなとか雲ゐにあひみさるらん
1250春雨のふりしく比かあをやきのいとゝみたれて人そこひしき
1251あをやきのいとみたれたるこのころは一すちにしも思よられし
1252あをやきのいとはかた/\なひくともおもひそめてん色はかはらし
1253あさみとりふかくもあらぬあをやきはいろかはらしといかゝたのまん
1254いにしへのあふひと人はとかむともなをそのかみのけふそわすれぬ
1255かれにけるあふひのみこそかなしけれ哀と見すやかものみつかき
1256あふことをはつかに見えし月かけのおほろけにやはあはれとはおもふ
1257さらしなやをはすて山のありあけのつきすもゝのを思ふ比かな
1258いつとても哀とおもふをねぬるよの月はおほろけなく/\そみし
1259さらしなの山よりほかにてる月もなくさめかねつこのころの空
1260あまのとをゝしあけかたの月みれはうき人しもそこひしかりける
1261ほの見えし月をこひしとかへるさの雲ちの浪にぬれてこしかな
1262いるかたはさやかなりける月かけをうはのそらにもまちしよゐかな
1263さしてゆく山の葉もみなかきくもり心のそらにきえし月かけ
1264いまはとてわかれしほとの月をたになみたにくれてなかめやはせし
1265おもかけのわすれぬ人によそへつゝいるをそしたふ秋のよの月
1266うき人の月はなにそのゆかりそとおもひなからもうちなかめつゝ
1267月のみやうわのそらなるかたみにておもひもいては心かよはん
1268くまもなきおりしも人を思いてゝ心と月をやつしつるかな
1269ものおもひてなかむるころの月のいろにいかはかりなる哀そむらん
1270くもれかしなかむるからにかなしきは月におほゆる人のおもかけ
1271わすらるゝ身をしる袖のむら雨につれなく山の月はいてけり
1272めくりあはんかきりはいつとしらねとも月なへたてそよそのうき雲
1273わかなみたもとめて袖にやとれ月さりとて人のかけは見ねとも
1274こひわふる涙やそらにくもるらんひかりもかはるねやの月かけ
1275いくめくりそらゆく月もへたてきぬ契し中はよそのうき雲
1276いまこんと契しことは夢なから見しよにゝたる有あけの月
1277わすれしといひしはかりのなこりとてそのよの月はめくりきにけり
1278おもひいてゝよな/\月にたつねすはまてとちきりし中やたえなん
1279わするなよいまは心のかはるともなれしそのよの有明の月
1280そのまゝに松の嵐もかはらぬをわすれやしぬるふけしよの月
1281人そうきたのめぬ月はめくりきてむかしわすれぬよもきふのやと
1282わくらはにまちつるよゐもふけにけりさやは契し山のはの月
1283こぬ人をまつとはなくてまつよゐのふけゆくそらの月もうらめし
1284松山と契し人はつれなくて袖こすなみにのこる月かけ
1285ならひこしたかいつはりもまたしらてまつとせしまの庭のよもきふ
1286あとたえてあさちかすゑになりにけりたのめしやとのにはのしら露
1287こぬ人をおもひたえたる庭のおものよもきかすゑそまつにまされる
1288たつねても袖にかくへきかたそなきふかきよもきの露のかことを
1289かたみとてほのふみわけしあともなしこしはむかしの庭のおきはら
1290なこりをは庭のあさちにとゝめをきてたれゆへ君かすみうかれけん
1291わすれすはなれし袖もやこほるらんねぬよのとこのしものさむしろ
1292風ふかはみねにわかれん雲をたにありしなこりのかたみともみよ
1293いはさりきいまこんまてのそらの雲月日へたてゝ物おもへとは
1294おもひいてよたかゝねことのすゑならんきのふの雲のあとの山風
1295わすれゆく人ゆへそらをなかむれはたえ/\にこそ雲もみえけれ
1296わすれなはいけらん物かとおもひしにそれもかなはぬこの世なりけり
1297〈墨〉°うとくなる人をなにとてうらむらんしられすしらぬおりもありしに
1298〈墨〉°今そしるおもひいてよと契しはわすれんとてのなさけなりけり
1299あひ見しはむかしかたりのうつゝにてそのかねことを夢になせとや
1300あはれなる心のやみのゆかりとも見しよの夢をたれかさためん
1301ちきりきやあかぬわかれに露をきし暁はかりかたみなれとは
1302うらみわひまたしいまはの身なれともおもひなれにし夕くれの空
1303わすれしのことの葉いかになりにけんたのめしくれは秋風そふく
1304おもひかねうちぬるよゐもありなましふきたにすさへ庭の松風
1305さらてたにうらみんとおもふわきもこか衣のすそに秋風そふく
1306心にはいつもあきなるねさめかな身にしむ風のいくよともなく
1307あはれとてとふ人のなとなかるらんものおもふやとのおきのうは風
1308わかこひは今をかきりとゆふまくれおきふく風のをとつれてゆく
1309いまはたゝ心のほかにきく物をしらすかほなるおきのうは風
1310いつもきく物とや人の思らんこぬゆふくれの秋風のこゑ
1311心あらはふかすもあらなんよゐ/\に人まつやとの庭の松風
1312さとはあれぬ(ぬ=て)むなしきとこのあたりまて身はならはしの秋風そ吹
1313さとはあれぬおのへの宮のをのつからまちこしよゐも昔なりけり
1314ものおもはてたゝおほかたのつゆにたにぬるれはぬるゝ秋のたもとを
1315草枕むすひさためんかたしらすならはぬ野への夢のかよひち
1316さてもなをとはれぬ秋のゆふは山雲ふく風もみねにみゆらん
1317おもひいるふかき心のたよりまて見しはそれともなき山ち哉
1318なかめても哀とおもへおほかたのそらたにかなし秋の夕くれ
1319ことの葉のうつりし秋もすきぬれはわか身時雨とふる涙かな
1320きえわひぬうつろふ人の秋のいろに身をこからしのもりの白露
1321こぬ人を秋のけしきやふけぬらんうらみによはる松むしのこゑ
1322わかこひは庭のむら萩うらかれて人をも身をも秋の夕くれ
1323袖のつゆもあらぬ色にそきえかへるうつれはかはるなけきせしまに
1324むせふともしらしな心かはらやにわれのみけたぬしたのけふりは
1325しられしなおなし袖にはかよふともたか夕くれとたのむ秋風
1326つゆはらふねさめは秋のむかしにて見はてぬ夢にのこるおもかけ
1327心こそゆくゑもしらねみわの山すきの木すゑの夕くれの空
1328さりともとまちし月日そうつりゆく心の花の色にまかせて
1329いきてよもあすまて人もつらからしこの夕くれをとはゝとへかし
1330暁のなみたやそらにたくふらん袖におちくるかねのおと哉
1331つく/\とおもひあかしのうらちとりなみのまくらになく/\そきく
1332たつねみるつらき心のおくのうみよしほひのかたのいふかひもなし
1333見し人のおもかけとめよきよみかた袖にせきもる浪のかよひち
1334ふりにけり時雨は袖に秋かけていひしはかりをまつとせしまに
1335かよひこしやとのみちしはかれ/\にあとなき霜のむすほゝれつゝ
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1264番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1264番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1264番の情報歌番号1264詞書題しらす作者|歌人藤原経衡和歌いまはとてわかれしほとの月をたになみたにくれてなかめやはせし読み仮名ふりがないまはとて-わかれしほとの-つきを...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1280番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1280番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1280番の情報歌番号1280詞書-作者|歌人法眼宗円和歌そのまゝに松の嵐もかはらぬをわすれやしぬるふけしよの月読み仮名ふりがなそのままに-まつのあらしも-かはらぬを-わすれ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1296番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1296番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1296番の情報歌番号1296詞書題しらす作者|歌人殷富門院大輔和歌わすれなはいけらん物かとおもひしにそれもかなはぬこの世なりけり読み仮名ふりがなわすれなは-いけらむものかと...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1312番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1312番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1312番の情報歌番号1312詞書和哥所にて哥合侍しにあひてあはぬ恋の心を作者|歌人寂蓮法師和歌さとはあれぬ(ぬ=て)むなしきとこのあたりまて身はならはしの秋風そ吹読み仮名ふ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1328番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1328番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1328番の情報歌番号1328詞書百首哥中に作者|歌人式子内親王和歌さりともとまちし月日そうつりゆく心の花の色にまかせて読み仮名ふりがなさりともと-まちしつきひそ-うつりゆく...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1265番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1265番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1265番の情報歌番号1265詞書-作者|歌人肥後和歌おもかけのわすれぬ人によそへつゝいるをそしたふ秋のよの月読み仮名ふりがなおもかけの-わすれぬひとに-よそへつつ-いるをそ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1281番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1281番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1281番の情報歌番号1281詞書-作者|歌人藤原秀能和歌人そうきたのめぬ月はめくりきてむかしわすれぬよもきふのやと読み仮名ふりがなひとそうき-たのめぬつきは-めくりきて-む...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1297番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1297番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1297番の情報歌番号1297詞書-作者|歌人西行法師和歌〈墨〉°うとくなる人をなにとてうらむらんしられすしらぬおりもありしに読み仮名ふりがなうとくなる-ひとをなにとて-うら...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1313番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1313番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1313番の情報歌番号1313詞書水無瀬の恋十五首の哥合に作者|歌人太上天皇和歌さとはあれぬおのへの宮のをのつからまちこしよゐも昔なりけり読み仮名ふりがなさとはあれぬ-をのへ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1329番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1329番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1329番の情報歌番号1329詞書-作者|歌人式子内親王和歌いきてよもあすまて人もつらからしこの夕くれをとはゝとへかし読み仮名ふりがないきてよも-あすまてひとは-つらからし-...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1266番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1266番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1266番の情報歌番号1266詞書-作者|歌人後徳大寺左大臣和歌うき人の月はなにそのゆかりそとおもひなからもうちなかめつゝ読み仮名ふりがなうきひとの-つきはなにその-ゆかりそ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1282番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1282番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1282番の情報歌番号1282詞書八月十五夜和哥所にて月前恋といふことを作者|歌人摂政太政大臣和歌わくらはにまちつるよゐもふけにけりさやは契し山のはの月読み仮名ふりがなわくら...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1298番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1298番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1298番の情報歌番号1298詞書-作者|歌人西行法師和歌〈墨〉°今そしるおもひいてよと契しはわすれんとてのなさけなりけり読み仮名ふりがないまそしる-おもひいてよと-ちきりし...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1314番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1314番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1314番の情報歌番号1314詞書-作者|歌人有家朝臣和歌ものおもはてたゝおほかたのつゆにたにぬるれはぬるゝ秋のたもとを読み仮名ふりがなものおもはて-たたおほかたの-つゆにた...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1330番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1330番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1330番の情報歌番号1330詞書暁恋の心を作者|歌人前大僧正慈円和歌暁のなみたやそらにたくふらん袖におちくるかねのおと哉読み仮名ふりがなあかつきの-なみたやそらに-たくふら...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1267番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1267番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1267番の情報歌番号1267詞書-作者|歌人西行法師和歌月のみやうわのそらなるかたみにておもひもいては心かよはん読み仮名ふりがなつきのみや-うはのそらなる-かたみにて-おも...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1283番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1283番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1283番の情報歌番号1283詞書-作者|歌人有家朝臣和歌こぬ人をまつとはなくてまつよゐのふけゆくそらの月もうらめし読み仮名ふりがなこぬひとを-まつとはなくて-まつよひの-ふ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1299番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1299番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1299番の情報歌番号1299詞書建仁元年三月哥合に遇不遇恋のこゝろを作者|歌人土御門内大臣和歌あひ見しはむかしかたりのうつゝにてそのかねことを夢になせとや読み仮名ふりがなあ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1315番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1315番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1315番の情報歌番号1315詞書-作者|歌人雅経朝臣和歌草枕むすひさためんかたしらすならはぬ野への夢のかよひち読み仮名ふりがなくさまくら-むすひさためむ-かたしらす-ならは...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1331番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1331番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1331番の情報歌番号1331詞書千五百番哥合に作者|歌人権中納言公経和歌つく/\とおもひあかしのうらちとりなみのまくらになく/\そきく読み仮名ふりがなつくつくと-おもひあか...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1268番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1268番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1268番の情報歌番号1268詞書-作者|歌人西行法師和歌くまもなきおりしも人を思いてゝ心と月をやつしつるかな読み仮名ふりがなくまもなき-をりしもひとを-おもひいてて-こころ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1284番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1284番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1284番の情報歌番号1284詞書-作者|歌人定家朝臣和歌松山と契し人はつれなくて袖こすなみにのこる月かけ読み仮名ふりがなまつやまと-ちきりしひとは-つれなくて-そてこすなみ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1300番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1300番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1300番の情報歌番号1300詞書-作者|歌人権中納言公経和歌あはれなる心のやみのゆかりとも見しよの夢をたれかさためん読み仮名ふりがなあはれなそ-こころのやみの-ゆかりとも-...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1316番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1316番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1316番の情報歌番号1316詞書和哥所の哥合に深山恋といふことを作者|歌人家隆朝臣和歌さてもなをとはれぬ秋のゆふは山雲ふく風もみねにみゆらん読み仮名ふりがなさてもなほ-とは...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1332番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1332番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1332番の情報歌番号1332詞書-作者|歌人定家朝臣和歌たつねみるつらき心のおくのうみよしほひのかたのいふかひもなし読み仮名ふりがなたつねみる-つらきこころの-おくのうみよ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1269番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1269番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1269番の情報歌番号1269詞書-作者|歌人西行法師和歌ものおもひてなかむるころの月のいろにいかはかりなる哀そむらん読み仮名ふりがなものおもひて-なかむるころの-つきのいろ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1285番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1285番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1285番の情報歌番号1285詞書千五百番哥合に作者|歌人皇太后宮大夫俊成女和歌ならひこしたかいつはりもまたしらてまつとせしまの庭のよもきふ読み仮名ふりがなならひこし-たかい...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1301番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1301番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1301番の情報歌番号1301詞書-作者|歌人右衛門督通具和歌ちきりきやあかぬわかれに露をきし暁はかりかたみなれとは読み仮名ふりがなちきりきや-あかぬわかれに-つゆおきし-あ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1317番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1317番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1317番の情報歌番号1317詞書-作者|歌人藤原秀能和歌おもひいるふかき心のたよりまて見しはそれともなき山ち哉読み仮名ふりがなおもひいる-ふかきこころの-たよりまて-みしは...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1333番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1333番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1333番の情報歌番号1333詞書水無瀬の恋の十五首哥合に作者|歌人雅経朝臣和歌見し人のおもかけとめよきよみかた袖にせきもる浪のかよひち読み仮名ふりがなみしひとの-おもかけと...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1270番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1270番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1270番の情報歌番号1270詞書-作者|歌人八条院高倉和歌くもれかしなかむるからにかなしきは月におほゆる人のおもかけ読み仮名ふりがなくもれかし-なかむるからに-かなしきは-...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1286番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1286番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1286番の情報歌番号1286詞書経房卿家哥合に久恋と作者|歌人二条院讃岐和歌あとたえてあさちかすゑになりにけりたのめしやとのにはのしら露読み仮名ふりがなあとたえて-あさちか...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1302番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1302番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1302番の情報歌番号1302詞書-作者|歌人寂蓮法師和歌うらみわひまたしいまはの身なれともおもひなれにし夕くれの空読み仮名ふりがなうらみわひ-またしいまはの-みなれとも-お...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1318番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1318番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1318番の情報歌番号1318詞書題しらす作者|歌人鴨長明和歌なかめても哀とおもへおほかたのそらたにかなし秋の夕くれ読み仮名ふりがななかめても-あはれとおもへ-おほかたの-そ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1334番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1334番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1334番の情報歌番号1334詞書-作者|歌人皇太后宮大夫俊成女和歌ふりにけり時雨は袖に秋かけていひしはかりをまつとせしまに読み仮名ふりがなふりにけり-しくれはそてに-あきか...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1271番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1271番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1271番の情報歌番号1271詞書百首哥の中に作者|歌人太上天皇和歌わすらるゝ身をしる袖のむら雨につれなく山の月はいてけり読み仮名ふりがなわすらるる-みをしるそての-むらさめ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1287番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1287番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1287番の情報歌番号1287詞書摂政太政大臣家百首哥よみ侍けるに作者|歌人寂蓮法師和歌こぬ人をおもひたえたる庭のおものよもきかすゑそまつにまされる読み仮名ふりがなこぬひとを...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1303番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1303番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1303番の情報歌番号1303詞書-作者|歌人宜秋門院丹後和歌わすれしのことの葉いかになりにけんたのめしくれは秋風そふく読み仮名ふりがなわすれしの-ことのはいかに-なりにけむ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1319番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1319番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1319番の情報歌番号1319詞書千五百番哥合に作者|歌人右衛門督通具和歌ことの葉のうつりし秋もすきぬれはわか身時雨とふる涙かな読み仮名ふりがなことのはの-うつりしあきも-す...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1335番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1335番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1335番の情報歌番号1335詞書-作者|歌人俊成女和歌かよひこしやとのみちしはかれ/\にあとなき霜のむすほゝれつゝ読み仮名ふりがなかよひこし-やとのみちしは-かれかれに-あ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1272番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1272番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1272番の情報歌番号1272詞書千五百番哥合に作者|歌人摂政太政大臣和歌めくりあはんかきりはいつとしらねとも月なへたてそよそのうき雲読み仮名ふりがなめくりあはむ-かきりはい...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1288番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1288番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1288番の情報歌番号1288詞書題しらす作者|歌人左衛門督通光和歌たつねても袖にかくへきかたそなきふかきよもきの露のかことを読み仮名ふりがなたつねても-そてにかくへき-かた...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1304番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1304番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1304番の情報歌番号1304詞書家に百首哥合し侍けるに作者|歌人摂政太政大臣和歌おもひかねうちぬるよゐもありなましふきたにすさへ庭の松風読み仮名ふりがなおもひかね-うちぬる...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1320番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1320番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1320番の情報歌番号1320詞書-作者|歌人定家朝臣和歌きえわひぬうつろふ人の秋のいろに身をこからしのもりの白露読み仮名ふりがなきえわひぬ-うつろふひとの-あきのいろに-み...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1273番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1273番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1273番の情報歌番号1273詞書-作者|歌人良経和歌わかなみたもとめて袖にやとれ月さりとて人のかけは見ねとも読み仮名ふりがなわかなみた-もとめてそてに-やとれつき-さりとて...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1289番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1289番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1289番の情報歌番号1289詞書-作者|歌人藤原保季朝臣和歌かたみとてほのふみわけしあともなしこしはむかしの庭のおきはら読み仮名ふりがなかたみとて-ほのふみわけし-あともな...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1305番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1305番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1305番の情報歌番号1305詞書-作者|歌人有家朝臣和歌さらてたにうらみんとおもふわきもこか衣のすそに秋風そふく読み仮名ふりがなさらてたに-うらみむとおもふ-わきもこか-こ...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1321番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1321番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1321番の情報歌番号1321詞書摂政太政大臣家哥合に作者|歌人寂蓮法師和歌こぬ人を秋のけしきやふけぬらんうらみによはる松むしのこゑ読み仮名ふりがなこぬひとを-あきのけしきや...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1274番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1274番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1274番の情報歌番号1274詞書-作者|歌人権中納言公経和歌こひわふる涙やそらにくもるらんひかりもかはるねやの月かけ読み仮名ふりがなこひわたる-なみたやそらに-くもるらむ-...
巻第十四|恋歌 四

新古今和歌集1290番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1290番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1290番の情報歌番号1290詞書-作者|歌人法橋行遍和歌なこりをは庭のあさちにとゝめをきてたれゆへ君かすみうかれけん読み仮名ふりがななこりをは-にはのあさちに-ととめおきて...
タイトルとURLをコピーしました