巻第十三|恋歌 三

巻第十三「恋歌 三」の和歌を一覧にまとめました。

巻第十三|恋歌 三の和歌一覧

1149わすれしのゆくすゑまてはかたけれはけふをかきりのいのちともかな
1150かきりなくむすひをきつる草枕いつこのたひをおもひわすれん
1151おもふにはしのふることそまけにけるあふにしかへはさもあらはあれ
1152昨日まてあふにしかへはと思しをけふはいのちのおしくもあるかな
1153あふことをけふまつかえのたむけ草いくよしほるゝそてとかはしる
1154こひしさにけふそたつぬるおく山の日かけのつゆに袖はぬれつゝ
1155あふまてのいのちもかなとおもひしはくやしかりけるわか心かな
1156人心うす花そめのかり衣さてたにあらて(て=はイ)色やかはらん
1157あひみてもかひなかりけりうはたまのはかなき夢におとるうつゝは
1158なか/\のものおもひそめてねぬるよははかなき夢もえやはみえける
1159夢とても人にかたるなしるといへはたまくらならぬ枕たにせす
1160まくらたにしらねはいはし見しまゝに君かたるなよ春のよの夢
1161わすれても人にかたるなうたゝねのゆめみてのちもなかゝらしよを
1162つらかりしおほくのとしはわすられてひとよの夢をあはれとそみし
1163けさよりはいとゝおもひをたきましてなけきこりつむあふさかの山
1164あしのやのしつはたおひのかたむすひ心やすくもうちとくるかな
1165かりそめにふしみのゝへの草枕つゆかゝりきと人にかたるな
1166いかにせんくすのうらふく秋風にした葉のつゆのかくれなき身を
1167あけかたきふたみのうらによるなみのそてのみぬれておきつしま人
1168あふことのあけぬよなからあけぬれはわれこそかへれ心やはゆく
1169秋のよのありあけの月のいるまてにやすらひかねてかへりにしかな
1170心にもあらぬわか身のゆきかへりみちのそらにてきえぬへき哉
1171はかなくもあけにけるかなあさつゆのおきての後そきえまさりける
1172あさつゆのおきつるそらもおもほえすきえかへりつる心まとひに
1173をきそふるつゆやいかなるつゆならんいまはきえねとおもふわか身を
1174おもひいてゝいまはけぬへしよもすからおきうかりつるきくのうへの露
1175うはたまのよるの衣をたちなからかへる物とはいまそしりぬる
1176みしかよのゝこりすくなくふけゆけはかねて物うきあかつきの空
1177あくといへはしつ心なきはるのよの夢とや君をよるのみはみん
1178けさはしもなけきもすらんいたつらに春のよひとよ夢をたにみて
1179心からしはしとつゝむものからにしきのはねかきつらきけさかな
1180わひつゝも君か心にかなふとてけさもたもとをほしそわつらふ
1181たまくらにかせるたもとのつゆけきはあけぬとつくる涙なりけり
1182しはしまてまた夜はふかしなか月のありあけの月は人まとふ也
1183おきて見は袖のみぬれていとゝしく草葉の玉のかすやまさらん
1184あけぬれとまたきぬ/\になりやらて人の袖をもぬらしつるかな
1185おもかけのわするましきわかれかななこりを人の月にとゝめて
1186またもこん秋をたのむのかりたにもなきてそかへる春のあけほの
1187たれゆきて君につけましみちしはのつゆもろともにきえなましかは
1188きえかへりあるかなきかのわか身かなうらみてかへるみちしはのつゆ
1189あさほらけおきつるしものきえかへりくれまつほとの袖をみせはや
1190庭におふるゆふかけ草のしたつゆやくれをまつまの涙なるらん
1191まつよゐにふけゆくかねのこゑきけはあかぬわかれのとりは物かは
1192これも又なかきわかれになりやせんくれをまつへきいのちならねは
1193ありあけはおもひいてあれやよこ雲のたゝよはれつるしのゝめのそら
1194大井かは井せきの水のわくらはにけふはたのめしくれにやはあらぬ
1195ゆふくれにいのちかけたるかけろふのありやあらすやとふもはかなし
1196あちきなくつらきあらしの声もうしなとゆふくれにまちならひけん
1197たのめすは人はまつちの山なりとねなまし物をいさよひの月
1198なにゆへと思もいれぬゆふへたにまちいてし物を山のはの月
1199きくやいかにうはのそらなる風たにもまつにおとするならひありとは
1200人はこて風のけしきもふけぬるにあはれに雁のをとつれてゆく
1201いかゝふく身にしむ色のかはるかなたのむるくれの松風の声
1202たのめをく人もなからの山にたにさよふけぬれは松風の声
1203いまこんとたのめしことをわすれすはこのゆふくれの月やまつらん
1204君まつとねやへもいらぬまきのとにいたくなふけそ山の葉の月
1205たのめぬに君くやとまつよゐのまのふけゆかてたゝあけなましかは
1206かへるさの物とや人のなかむらんまつよなからのありあけの月
1207きみこんといひしよことにすきぬれはたのまぬものゝこひつゝそふる
1208衣手に山おろしふきてさむき夜を君きまさすはひとりかもねん
1209あふことはこれやかきりのたひならん草の枕も霜かれにけり
1210なれゆくはうき世なれはやすまのあまのしほやき衣まとをなるらん
1211きりふかき秋の野中のわすれ水たえまかちなる比にもあるかな
1212世のつねの秋風ならはおきの葉にそよとはかりのをとはしてまし
1213あしひきの山のかけ草むすひをきてこひやわたらんあふよしをなみ
1214あつまちにかるてふかやのみたれつゝつかのまもなくこひやわたらん
1215むすひをきしたもとたに見ぬ花すゝきかるともかれしきみしとかすは
1216霜のうへにけさふる雪のさむけれはかさねて人をつらしとそ思
1217ひとりふすあれたるやとのとこのうへにあはれいくよのねさめしつらん
1218やましろのよとのわかこもかりにきて袖ぬれぬとはかこたさらなん
1219かけておもふ人もなけれとゆふされはおもかけたえぬ玉かつらかな
1220いつはりをたゝすのもりのゆふたすきかけつゝちかへわれをおもはゝ
1221いかはかりうれしからましもろともにこひらるゝ身もくるしかりせは
1222われはかりつらきをしのふ人やあるといまよにあらは思ひあはせよ
1223たゝたのめたとへは人のいつはりをかさねてこそは又もうらみめ
1224つらしとはおもふ物からふしゝはのしはしもこりぬ心なりけり
1225たのめこしことの葉はかりとゝめをきてあさちかつゆときえなましかは
1226あはれにもたれかはつゆもおもはましきえのこるへきわか身ならねは
1227つらきをもうらみぬわれにならふなようき身をしらぬ人もこそあれ
1228なにかいとふよもなからへしさのみやはうきにたへたるいのちなるへき
1229こひしなんいのちは猶もおしきかなおなしよにあるかひはなけれと
1230あはれとて人の心のなさけあれなかすならぬにはよらぬなけきを
1231身をしれは人のとかとはおもはぬにうらみかほにもぬるゝ袖かな
1232よしさらはのちのよとたにたのめをけつらさにたへぬ身ともこそなれ
1233たのめをかんたゝさはかりを契にてうきよの中の夢になしてよ
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1163番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1163番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1163番の情報歌番号1163詞書題しらす作者|歌人高倉院御哥和歌けさよりはいとゝおもひをたきましてなけきこりつむあふさかの山読み仮名ふりがなけさよりは-いととおもひを-たき...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1179番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1179番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1179番の情報歌番号1179詞書題しらす作者|歌人赤染衛門和歌心からしはしとつゝむものからにしきのはねかきつらきけさかな読み仮名ふりがなこころから-しはしとつつむ-ものから...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1195番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1195番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1195番の情報歌番号1195詞書けふとちきりける人のあるかとゝひて侍けれは作者|歌人読人しらす和歌ゆふくれにいのちかけたるかけろふのありやあらすやとふもはかなし読み仮名ふり...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1211番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1211番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1211番の情報歌番号1211詞書あひてのちあひかたき女に作者|歌人坂上是則和歌きりふかき秋の野中のわすれ水たえまかちなる比にもあるかな読み仮名ふりがなきりふかき-あきののな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1227番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1227番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1227番の情報歌番号1227詞書題しらす作者|歌人小侍従和歌つらきをもうらみぬわれにならふなようき身をしらぬ人もこそあれ読み仮名ふりがなつらきをも-うらみぬわれに-ならふな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1164番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1164番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1164番の情報歌番号1164詞書初会恋のこゝろを作者|歌人俊頼朝臣和歌あしのやのしつはたおひのかたむすひ心やすくもうちとくるかな読み仮名ふりがなあしのやの-しつはたおひの-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1180番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1180番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1180番の情報歌番号1180詞書しのひたるところよりかへりてあしたにつかはしける作者|歌人九条入道右大臣和歌わひつゝも君か心にかなふとてけさもたもとをほしそわつらふ読み仮名...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1196番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1196番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1196番の情報歌番号1196詞書西行法師人/\に百首哥よませ侍けるに作者|歌人定家朝臣和歌あちきなくつらきあらしの声もうしなとゆふくれにまちならひけん読み仮名ふりがなあちき...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1212番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1212番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1212番の情報歌番号1212詞書三条院みこの宮と申ける時ひさしくとはせたまはさりけれは作者|歌人安法々師女和歌世のつねの秋風ならはおきの葉にそよとはかりのをとはしてまし読み...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1228番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1228番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1228番の情報歌番号1228詞書-作者|歌人殷富門院大輔和歌なにかいとふよもなからへしさのみやはうきにたへたるいのちなるへき読み仮名ふりがななにかいとふ-よもなからへし-さ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1149番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1149番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1149番の情報歌番号1149詞書中関白かよひそめ侍けるころ作者|歌人儀同三司母和歌わすれしのゆくすゑまてはかたけれはけふをかきりのいのちともかな読み仮名ふりがなわすれしの-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1165番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1165番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1165番の情報歌番号1165詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌かりそめにふしみのゝへの草枕つゆかゝりきと人にかたるな読み仮名ふりがなかりそめに-ふしみののへの-くさまくら...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1181番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1181番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1181番の情報歌番号1181詞書小八条のみやす所につかはしける作者|歌人亭子院御哥和歌たまくらにかせるたもとのつゆけきはあけぬとつくる涙なりけり読み仮名ふりがなたまくらに-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1197番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1197番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1197番の情報歌番号1197詞書こひのうたとて作者|歌人太上天皇和歌たのめすは人はまつちの山なりとねなまし物をいさよひの月読み仮名ふりがなたのめすは-ひとをまつちの-やまな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1213番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1213番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1213番の情報歌番号1213詞書題しらす作者|歌人中納言家持和歌あしひきの山のかけ草むすひをきてこひやわたらんあふよしをなみ読み仮名ふりがなあしひきの-やまのかけくさ-むす...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1229番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1229番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1229番の情報歌番号1229詞書-作者|歌人刑部卿頼輔和歌こひしなんいのちは猶もおしきかなおなしよにあるかひはなけれと読み仮名ふりがなこひしなむ-いのちはなほも-をしきかな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1150番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1150番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1150番の情報歌番号1150詞書しのひたるをんなをかりそめなるところにゐてまかりてかへりてあしたにつかはしける作者|歌人謙徳公和歌かきりなくむすひをきつる草枕いつこのたひを...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1166番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1166番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1166番の情報歌番号1166詞書人しれすしのひけることをふみなとちらすときゝける人につかはしける作者|歌人相模和歌いかにせんくすのうらふく秋風にした葉のつゆのかくれなき身を...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1182番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1182番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1182番の情報歌番号1182詞書題しらす作者|歌人藤原惟成和歌しはしまてまた夜はふかしなか月のありあけの月は人まとふ也読み仮名ふりがなしはしまて-またよはふかし-なかつきの...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1198番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1198番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1198番の情報歌番号1198詞書みなせにて恋十五首哥合に夕恋といへる心を作者|歌人摂政太政大臣和歌なにゆへと思もいれぬゆふへたにまちいてし物を山のはの月読み仮名ふりがななに...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1214番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1214番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1214番の情報歌番号1214詞書-作者|歌人延喜御哥和歌あつまちにかるてふかやのみたれつゝつかのまもなくこひやわたらん読み仮名ふりがなあつまちに-かるてふかやの-みたれつつ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1230番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1230番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1230番の情報歌番号1230詞書-作者|歌人西行法師和歌あはれとて人の心のなさけあれなかすならぬにはよらぬなけきを読み仮名ふりがなあはれとて-ひとのこころの-なさけあれは-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1151番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1151番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1151番の情報歌番号1151詞書題しらす作者|歌人業平朝臣和歌おもふにはしのふることそまけにけるあふにしかへはさもあらはあれ読み仮名ふりがなおもふには-しのふることそ-まけ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1167番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1167番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1167番の情報歌番号1167詞書題しらす作者|歌人実方朝臣和歌あけかたきふたみのうらによるなみのそてのみぬれておきつしま人読み仮名ふりがなあけかたき-ふたみのうらに-よるな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1183番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1183番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1183番の情報歌番号1183詞書前栽のつゆをきたるをなとか見すなりにしと申ける女に作者|歌人実方朝臣和歌おきて見は袖のみぬれていとゝしく草葉の玉のかすやまさらん読み仮名ふり...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1199番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1199番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1199番の情報歌番号1199詞書寄風恋作者|歌人宮内卿和歌きくやいかにうはのそらなる風たにもまつにおとするならひありとは読み仮名ふりがなきくやいかに-うはのそらなる-かせた...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1215番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1215番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1215番の情報歌番号1215詞書-作者|歌人権中納言敦忠和歌むすひをきしたもとたに見ぬ花すゝきかるともかれしきみしとかすは読み仮名ふりがなむすひおきし-たもとたにみぬ-はな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1231番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1231番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1231番の情報歌番号1231詞書-作者|歌人西行法師和歌身をしれは人のとかとはおもはぬにうらみかほにもぬるゝ袖かな読み仮名ふりがなみをしれは-ひとのとかとは-おもはぬに-う...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1152番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1152番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1152番の情報歌番号1152詞書人の許にまかりそめてあしたにつかはしける作者|歌人廉義公和歌昨日まてあふにしかへはと思しをけふはいのちのおしくもあるかな読み仮名ふりがなきの...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1168番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1168番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1168番の情報歌番号1168詞書-作者|歌人伊勢和歌あふことのあけぬよなからあけぬれはわれこそかへれ心やはゆく読み仮名ふりがなあふことの-あけぬよなから-あけぬれは-われこ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1184番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1184番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1184番の情報歌番号1184詞書二条院御時あか月かへりなんとするこひといふことを作者|歌人二条院讃岐和歌あけぬれとまたきぬ/\になりやらて人の袖をもぬらしつるかな読み仮名ふ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1200番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1200番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1200番の情報歌番号1200詞書題しらす作者|歌人西行法師和歌人はこて風のけしきもふけぬるにあはれに雁のをとつれてゆく読み仮名ふりがなひとはこて-かせのけしきも-ふけぬるに...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1216番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1216番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1216番の情報歌番号1216詞書百首哥中に作者|歌人源重之和歌霜のうへにけさふる雪のさむけれはかさねて人をつらしとそ思読み仮名ふりがなしものうへに-けさふるゆきの-さむけれ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1232番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1232番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1232番の情報歌番号1232詞書女につかはしける作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌よしさらはのちのよとたにたのめをけつらさにたへぬ身ともこそなれ読み仮名ふりがなよしさらは-のち...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1153番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1153番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1153番の情報歌番号1153詞書百首哥に作者|歌人式子内親王和歌あふことをけふまつかえのたむけ草いくよしほるゝそてとかはしる読み仮名ふりがなあふことを-けふまつかえの-たむ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1169番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1169番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1169番の情報歌番号1169詞書九月十日あまり夜ふけていつみしきふかもとをたゝかせ侍けるにきゝつけさりけれはあしたにつかはしける作者|歌人大宰帥敦道親王和歌秋のよのありあけ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1185番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1185番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1185番の情報歌番号1185詞書題しらす作者|歌人西行法師和歌おもかけのわするましきわかれかななこりを人の月にとゝめて読み仮名ふりがなおもかけの-わすらるましき-わかれかな...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1201番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1201番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1201番の情報歌番号1201詞書-作者|歌人八条院高倉和歌いかゝふく身にしむ色のかはるかなたのむるくれの松風の声読み仮名ふりがないかかふく-みにしむいろの-かはるかな-たの...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1217番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1217番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1217番の情報歌番号1217詞書題しらす作者|歌人安法々師女和歌ひとりふすあれたるやとのとこのうへにあはれいくよのねさめしつらん読み仮名ふりがなひとりふす-あれたるやとの-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1233番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1233番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1233番の情報歌番号1233詞書返し作者|歌人藤原定家朝臣母和歌たのめをかんたゝさはかりを契にてうきよの中の夢になしてよ読み仮名ふりがなたのめおかむ-たたさはかりを-ちきり...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1154番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1154番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1154番の情報歌番号1154詞書頭中将に侍ける時五節所のわらはにもの申そめてのちたつねてつかはしける作者|歌人源正清朝臣和歌こひしさにけふそたつぬるおく山の日かけのつゆに袖...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1170番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1170番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1170番の情報歌番号1170詞書題しらす作者|歌人道信朝臣和歌心にもあらぬわか身のゆきかへりみちのそらにてきえぬへき哉読み仮名ふりがなこころにも-あらぬわかみの-ゆきかへり...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1186番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1186番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1186番の情報歌番号1186詞書後朝の恋のこゝろを作者|歌人摂政太政大臣和歌またもこん秋をたのむのかりたにもなきてそかへる春のあけほの読み仮名ふりがなまたもこむ-あきをたの...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1202番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1202番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1202番の情報歌番号1202詞書-作者|歌人鴨長明和歌たのめをく人もなからの山にたにさよふけぬれは松風の声読み仮名ふりがなたのめおく-ひともなからの-やまにたに-さよふけぬ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1218番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1218番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1218番の情報歌番号1218詞書-作者|歌人重之和歌やましろのよとのわかこもかりにきて袖ぬれぬとはかこたさらなん読み仮名ふりがなやましろの-よとのわかこも-かりにきて-そて...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1155番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1155番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1155番の情報歌番号1155詞書題しらす作者|歌人西行法師和歌あふまてのいのちもかなとおもひしはくやしかりけるわか心かな読み仮名ふりがなあすまての-いのちもかなと-おもひし...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1171番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1171番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1171番の情報歌番号1171詞書近江更衣にたまはせける作者|歌人延喜御哥和歌はかなくもあけにけるかなあさつゆのおきての後そきえまさりける読み仮名ふりがなはかなくも-あけにけ...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1187番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1187番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1187番の情報歌番号1187詞書女の許にまかりて心ちのれいならす侍けれはかへりてつかはしける作者|歌人賀茂成助和歌たれゆきて君につけましみちしはのつゆもろともにきえなましか...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1203番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1203番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1203番の情報歌番号1203詞書-作者|歌人藤原秀能和歌いまこんとたのめしことをわすれすはこのゆふくれの月やまつらん読み仮名ふりがないまこむと-たのめしことを-わすれすは-...
巻第十三|恋歌 三

新古今和歌集1219番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1219番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集1219番の情報歌番号1219詞書-作者|歌人紀貫之和歌かけておもふ人もなけれとゆふされはおもかけたえぬ玉かつらかな読み仮名ふりがなかけておもふ-ひともなけれと-ゆふされは-...
タイトルとURLをコピーしました