新古今和歌集1224番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1224番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1224番の情報

歌番号1224
詞書女をうらみていまはまからしと申てのち猶わすれかたくおほえけれはつかはしける
作者|歌人右衛門督家通
和歌つらしとはおもふ物からふしゝはのしはしもこりぬ心なりけり
読み仮名
ふりがな
つらしとは-おもふものから-ふししはの-しはしもこりぬ-こころなりけり
分割つらしとは
おもふものから
ふししはの
しはしもこりぬ
こころなりけり
ローマ字読み
大文字
TSURASHITOHA-OMOFUMONOKARA-FUSHISHIHANO-SHIHASHIMOKORINU-KOKORONARIKERI
ローマ字読み
小文字
tsurashitoha-omofumonokara-fushishihano-shihashimokorinu-kokoronarikeri
巻数巻第十三|恋歌 三
タイトルとURLをコピーしました