巻第五|秋歌 下

巻第五「秋歌 下」の和歌を一覧にまとめました。

巻第五|秋歌 下の和歌一覧

437したもみちかつちる山のゆふしくれぬれてやひとり鹿のなくらん
438山おろしに鹿のねたかくきこゆなりおのへの月にさよやふけぬる
439野わきせしをのゝくさふしあれはてゝみ山にふかきさをしかの声
440あらしふくまくすかはらになくしかはうらみてのみやつまをこふらん
441つまこふる鹿のたちとをたつぬれはさ山かすそに秋風そふく
442み山への松のこすゑをわたるなりあらしにやとすさをしかの声
443われならぬ人もあはれやまさるらん鹿なく山の秋の夕くれ
444たくへくる松のあらしやたゆむらんおのへにかへるさを鹿のこゑ
445なくしかのこゑにめさめてしのふかな見はてぬ夢の秋の思を
446よもすからつまとふ鹿のなくなへにこはきかはらのつゆそこほるゝ
447ねさめしてひさしくなりぬ秋の夜はあけやしぬらん鹿そなくなる
448を山たのいほちかくなくしかのねにおとろかされておとろかすかな
449山さとのいな葉の風にねさめしてよふかく鹿のこゑをきくかな
450ひとりねやいとゝさひしきさをしかのあさふすをのゝくすのうら風
451たつた山こすゑまはらになるまゝにふかくもしかのそよくなるかな
452すきてゆく秋のかたみにさをしかのをのかなくねもおしくやあるらん
453わきてなといほもる袖のしほるらんいな葉にかきる秋の風かは
454秋田もるかりいほつくりわかをれは衣手さむしつゆそをきける
455秋くれはあさけの風の手をさむみ山田のひたをまかせてそきく
456ほとゝきすなくさみたれにうへし田をかりかねさむみ秋そくれぬる
457いまよりは秋風さむくなりぬへしいかてかひとりなかきよをねん
458秋されは雁のは風にしもふりてさむきよな/\しくれさへふる
459さをしかのつまとふ山のをかへなるわさ田はからししもはをくとも
460かりてほす山田のいねは袖ひちてうへしさなへとみえすもあるかな
461草葉にはたまとみえつゝわひ人の袖の涙の秋のしらつゆ
462わかやとのおはなかすゑにしらつゆのをきし日よりそ秋風もふく
463秋といへは契をきてやむすふらんあさちかはらのけさのしらつゆ
464秋されはをくしらつゆにわかやとのあさちかうは葉色つきにけり
465おほつかな野にも山にもしらつゆのなにことをかはおもひをくらん
466つゆしけみ野辺をわけつゝから衣ぬれてそかへる花のしつくに
467庭のおもにしけるよもきにことよせて心のまゝにをけるつゆかな
468秋の野のくさ葉をしなみをくつゆにぬれてや人のたつねゆくらん
469ものおもふ袖よりつゆやならひけん秋風ふけはたへぬ物とは
470つゆは袖にものおもふころはさそなをくかならす秋のならひならねと
471野はらよりつゆのゆかりをたつねきてわか衣手に秋風そふく
472きり/\すよさむに秋のなるまゝによはるか声のとをさかりゆく
473むしのねもなかきよあかぬふるさとになをおもひそふ松風そふく
474あともなき庭のあさちにむすほゝれつゆのそこなる松むしのこゑ
475秋風は身にしむはかりふきにけりいまやうつらんいもかさ衣
476衣うつをとはまくらにすかはらやふしみの夢をいくよのこしつ
477ころもうつね山のいほのしは/\もしらぬ夢ちにむすふたまくら
478さとはあれて月やあらぬとうらみてもたれあさちふに衣うつらん
479まとろまてなかめよとてのすさひかなあさのさ衣月にうつこゑ
480秋とたにわすれんとおもふ月かけをさもあやにくにうつ衣かな
481ふるさとに衣うつとはゆくかりやたひのそらにもなきてつくらん
482雁なきてふく風さむみから衣君まちかてにうたぬよそなき
483みよしのゝ山の秋風さよふけてふるさとさむく衣うつなり
484ちたひうつきぬたのをとに夢さめてものおもふ袖のつゆそくたくる
485ふけにけり山のはちかく月さえてとをちのさとに衣うつ声
486秋はつるさよふけかたの月みれは袖ものこらすつゆそをきける
487ひとりぬる山とりのおのしたりおにしもをきまよふとこの月かけ
488ひとめ見し野辺のけしきはうらかれてつゆのよすかにやとる月かな
489秋の夜は衣さむしろかさねても月の光にしく物そなき
490あきのよははや長月になりにけりことはりなりやねさめせらるゝ
491むらさめのつゆもまたひぬまきの葉にきりたちのほる秋の夕くれ
492さひしさはみやまの秋のあさくもりきりにしほるゝまきのしたつゆ
493あけほのや河せのなみのたかせ舟くたすか人の袖の秋きり
494ふもとをはうちの河きりたちこめて雲井に見ゆる朝日山かな
495山さとにきりのまかきのへたてすはをちかた人の袖もみてまし
496なくかりのねをのみそきくをくら山きりたちはるゝ時しなけれは
497かきほなるおきの葉そよき秋風のふくなるなへに雁そなくなる
498秋風に山とひこゆるかりかねのいやとをさかり雲かくれつゝ
499はつかりのは風すゝしくなるなへにたれかたひねの衣かへさぬ
500かりかねは風にきおひてすくれともわかまつ人のことつてもなし
501よこ雲の風にわかるゝしのゝめに山とひこゆるはつかりの声
502白雲をつはさにかけてゆくかりのかと田のおものともしたふなる
503おほえ山かたふく月のかけさえてとは田のおもにおつるかりかね
504むら雲や雁のはかせにはれぬらん声きくそらにすめる月かけ
505ふきまよふ雲井をわたるはつかりのつはさにならすよもの秋風
506秋風の袖にふきまく峯の雲をつはさにかけて雁もなくなり
507霜をまつまかきのきくのよゐのまにをきまよふ色は山の葉の月
508こゝのへにうつろひぬともきくの花もとのまかきをおもひわするな
509いまよりは又さくはなもなきものをいたくなをきそきくのうへのつゆ
510秋風にしほるゝ野への花よりもむしのねいたくかれにけるかな
511ねさめする袖さへさむく秋のよのあらしふくなり松むしのこゑ
512秋をへてあはれもつゆもふかくさのさとゝふものはうつらなりけり
513いり日さすふもとのおはなうちなひきたか秋風にうつらなくらん
514あたにちるつゆのまくらにふしわひてうつらなくなりとこの山風
515とふ人もあらしふきそふ秋はきてこの葉にうつむやとのみちしは
516色かはるつゆをは袖にをきまよひうらかれてゆく野辺の秋かな
517あきふけぬなけやしもよのきり/\すやゝかけさむしよもきふの月
518きり/\すなくやしもよのさむしろに衣かたしきひとりかもねん
519ねさめする長月のよのとこさむみけさふく風にしもやをくらん
520秋ふかきあはちの嶋のありあけにかたふく月をゝくる浦風
521なか月もいくありあけになりぬらんあさちの月のいとゝさひゆく
522かさゝきの雲のかけはし秋くれて夜半には霜やさえわたるらん
523いつのまにもみちしぬらん山桜きのふか花のちるをおしみし
524うすきりのたちまふ山のもみちはゝさやかならねとそれとみえけり
525神なひのみむろのこすゑいかならんなへての山もしくれする比
526すゝか河ふかき木の葉に日かすへて山田のはらの時雨をそきく
527心とやもみちはすらんたつた山松はしくれにぬれぬものかは
528おもふことなくてそ見ましもみちはをあらしの山のふもとならすは
529いり日さすさほの山へのはゝそはらくもらぬ雨とこの葉ふりつゝ
530たつた山あらしや峯によはるらんわたらぬ水もにしきたえけり
531はゝそはらしつくも色やかはるらんもりのした草秋ふけにけり
532時わかぬなみさへ色にいつみかははゝそのもりに嵐ふくらし
533ふるさとはちるもみち葉にうつもれてのきのしのふに秋風そふく
534きりの葉もふみわけかたくなりにけりかならす人をまつとなけれと
535人はこす風にこのはゝちりはてゝよな/\むしはこゑよはるなり
536もみちはのいろにまかせてときは木も風にうつろふ秋の山かな
537つゆ時雨もる山かけのしたもみちぬるともおらん秋のかたみに
538松にはふまさのはかつらちりにけりと山の秋は風すさふらん
539うつらなくかた野にたてるはしもみちゝりぬはかりに秋風そふく
540ちりかゝるもみちの色はふかけれとわたれはにこる山かはの水
541あすか河もみちはなかるかつらきの山の秋風ふきそしくらし
542あすか河せゝになみよるくれなゐやかつらき山のこからしの風
543もみちはをさこそあらしのはらふらめこの山本も雨とふるなり
544たつたひめいまはのころのあき風に時雨をいそく人の袖かな
545ゆく秋のかたみなるへきもみちはゝあすはしくれとふりやまかはん
546うちむれてちるもみちはをたつぬれは山ちよりこそ秋はゆきけれ
547夏草のかりそめにとてこしやともなにはの浦に秋そくれぬる
548かくしつゝくれぬる秋とおいぬれとしかすかになを物そかなしき
549身にかへていさゝは秋をおしみゝんさらてもゝろきつゆのいのちを
550なへてよのおしさにそへておしむかな秋より後の秋のかきりを
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集515番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集515番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集515番の情報歌番号515詞書千五百番哥合に作者|歌人俊成女和歌とふ人もあらしふきそふ秋はきてこの葉にうつむやとのみちしは読み仮名ふりがなとふひとも-あらしふきそふ-あきはきて...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集531番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集531番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集531番の情報歌番号531詞書左大将に侍ける時家に百首哥合し侍りけるにはゝそをよみ侍りける作者|歌人摂政太政大臣和歌はゝそはらしつくも色やかはるらんもりのした草秋ふけにけり読み...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集547番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集547番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集547番の情報歌番号547詞書つのくにゝ侍けるころ道済か許につかはしける作者|歌人能因法師和歌夏草のかりそめにとてこしやともなにはの浦に秋そくれぬる読み仮名ふりがななつくさの-...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集516番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集516番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集516番の情報歌番号516詞書-作者|歌人俊成女和歌色かはるつゆをは袖にをきまよひうらかれてゆく野辺の秋かな読み仮名ふりがないろかはる-つゆをはそてに-おきまよひ-うらかれてゆ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集532番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集532番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集532番の情報歌番号532詞書-作者|歌人定家朝臣和歌時わかぬなみさへ色にいつみかははゝそのもりに嵐ふくらし読み仮名ふりがなときわかぬ-なみさへいろに-いつみかは-ははそのもり...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集548番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集548番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集548番の情報歌番号548詞書くれの秋おもふ事侍けるころ作者|歌人能因法師和歌かくしつゝくれぬる秋とおいぬれとしかすかになを物そかなしき読み仮名ふりがなかくしつつ-くれぬるあき...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集517番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集517番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集517番の情報歌番号517詞書秋哥とて作者|歌人太上天皇和歌あきふけぬなけやしもよのきり/\すやゝかけさむしよもきふの月読み仮名ふりがなあきふけぬ-なけやしもよの-きりきりす-...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集533番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集533番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集533番の情報歌番号533詞書障子のゑにあれたるやとにもみちゝりたる所をよめる作者|歌人俊頼朝臣和歌ふるさとはちるもみち葉にうつもれてのきのしのふに秋風そふく読み仮名ふりがなふ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集549番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集549番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集549番の情報歌番号549詞書五十首哥よませ侍けるに作者|歌人守覚法親王和歌身にかへていさゝは秋をおしみゝんさらてもゝろきつゆのいのちを読み仮名ふりがなみにかへて-いささはあき...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集518番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集518番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集518番の情報歌番号518詞書百首哥たてまつりし時作者|歌人摂政太政大臣和歌きり/\すなくやしもよのさむしろに衣かたしきひとりかもねん読み仮名ふりがなきりきりす-なくやしもよの...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集534番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集534番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集534番の情報歌番号534詞書百首哥たてまつりし秋哥作者|歌人式子内親王和歌きりの葉もふみわけかたくなりにけりかならす人をまつとなけれと読み仮名ふりがなきりのはも-ふみわけかた...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集550番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集550番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集550番の情報歌番号550詞書閏九月尽の心を作者|歌人前太政大臣和歌なへてよのおしさにそへておしむかな秋より後の秋のかきりを読み仮名ふりがななへてよの-をしさにそへて-をしむか...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集519番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集519番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集519番の情報歌番号519詞書千五百番哥合に作者|歌人春宮権大夫公継和歌ねさめする長月のよのとこさむみけさふく風にしもやをくらん読み仮名ふりがなねさめする-なかつきのよの-とこ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集535番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集535番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集535番の情報歌番号535詞書題しらす作者|歌人曽祢好忠和歌人はこす風にこのはゝちりはてゝよな/\むしはこゑよはるなり読み仮名ふりがなひとはこす-かせにこのはは-ちりはてて-よ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集520番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集520番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集520番の情報歌番号520詞書和哥所にて六首哥つかうまつりし時秋哥作者|歌人前大僧正慈円和歌秋ふかきあはちの嶋のありあけにかたふく月をゝくる浦風読み仮名ふりがなあきふかき-あは...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集536番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集536番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集536番の情報歌番号536詞書守覚法親王五十首哥によみ侍ける作者|歌人春宮大夫公継和歌もみちはのいろにまかせてときは木も風にうつろふ秋の山かな読み仮名ふりがなもみちはの-いろに...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集521番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集521番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集521番の情報歌番号521詞書暮秋の心を作者|歌人慈円和歌なか月もいくありあけになりぬらんあさちの月のいとゝさひゆく読み仮名ふりがななかつきも-いくありあけに-なりぬらむ-あさ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集537番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集537番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集537番の情報歌番号537詞書千五百番哥合に作者|歌人家隆朝臣和歌つゆ時雨もる山かけのしたもみちぬるともおらん秋のかたみに読み仮名ふりがなつゆしくれ-もるやまかけの-したもみち...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集522番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集522番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集522番の情報歌番号522詞書摂政太政大臣大将に侍りける時百首哥よませ侍りけるに作者|歌人寂蓮法師和歌かさゝきの雲のかけはし秋くれて夜半には霜やさえわたるらん読み仮名ふりがなか...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集538番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集538番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集538番の情報歌番号538詞書題しらす作者|歌人西行法師和歌松にはふまさのはかつらちりにけりと山の秋は風すさふらん読み仮名ふりがなまつにはふ-まさきのかつら-ちりにけり-とやま...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集523番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集523番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集523番の情報歌番号523詞書さくらのもみちはしめたるを見て作者|歌人中務卿具平親王和歌いつのまにもみちしぬらん山桜きのふか花のちるをおしみし読み仮名ふりがないつのまに-もみち...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集539番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集539番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集539番の情報歌番号539詞書法性寺入道前関白太政大臣家哥合に作者|歌人前参議親隆和歌うつらなくかた野にたてるはしもみちゝりぬはかりに秋風そふく読み仮名ふりがなうつらなく-かた...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集524番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集524番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集524番の情報歌番号524詞書紅葉透霧といふことを作者|歌人高倉院御哥和歌うすきりのたちまふ山のもみちはゝさやかならねとそれとみえけり読み仮名ふりがなうすきりの-たちまふやまの...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集540番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集540番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集540番の情報歌番号540詞書百首哥たてまつりし時作者|歌人二条院讃岐和歌ちりかゝるもみちの色はふかけれとわたれはにこる山かはの水読み仮名ふりがなちりかかる-もみちのいろは-ふ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集525番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集525番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集525番の情報歌番号525詞書秋のうたとてよめる作者|歌人八条院高倉和歌神なひのみむろのこすゑいかならんなへての山もしくれする比読み仮名ふりがなかみなひの-みむろのこすゑ-いか...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集541番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集541番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集541番の情報歌番号541詞書題しらす作者|歌人柿本人麿和歌あすか河もみちはなかるかつらきの山の秋風ふきそしくらし読み仮名ふりがなあすかかは-もみちはなかる-かつらきの-やまの...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集510番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集510番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集510番の情報歌番号510詞書かれゆくのへのきり/\すを作者|歌人中務卿具平親王和歌秋風にしほるゝ野への花よりもむしのねいたくかれにけるかな読み仮名ふりがなあきかせに-しをるる...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集526番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集526番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集526番の情報歌番号526詞書最勝四天王院の障子にすゝかかはかきたるところ作者|歌人太上天皇和歌すゝか河ふかき木の葉に日かすへて山田のはらの時雨をそきく読み仮名ふりがなすすかか...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集542番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集542番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集542番の情報歌番号542詞書-作者|歌人権中納言長方和歌あすか河せゝになみよるくれなゐやかつらき山のこからしの風読み仮名ふりがなあすかかは-せせになみよる-くれなゐや-かつら...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集511番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集511番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集511番の情報歌番号511詞書題しらす作者|歌人大江嘉言和歌ねさめする袖さへさむく秋のよのあらしふくなり松むしのこゑ読み仮名ふりがなねさめする-そてさへさむく-あきのよの-あら...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集527番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集527番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集527番の情報歌番号527詞書入道前関白太政大臣家に百首哥よみ侍けるに紅葉作者|歌人皇太后宮大夫俊成和歌心とやもみちはすらんたつた山松はしくれにぬれぬものかは読み仮名ふりがなこ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集543番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集543番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集543番の情報歌番号543詞書なか月のころみなせに日ころ侍けるにあらしの山のもみちなみたにたくふよし申しつかはして侍ける人の返ことに作者|歌人権中納言公経和歌もみちはをさこそあ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集512番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集512番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集512番の情報歌番号512詞書千五百番哥合に作者|歌人前大僧正慈円和歌秋をへてあはれもつゆもふかくさのさとゝふものはうつらなりけり読み仮名ふりがなあきをへて-あはれもつゆも-ふ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集528番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集528番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集528番の情報歌番号528詞書大井河にまかりてもみち見侍りけるに作者|歌人藤原輔尹朝臣和歌おもふことなくてそ見ましもみちはをあらしの山のふもとならすは読み仮名ふりがなおもふこと...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集544番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集544番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集544番の情報歌番号544詞書家に百首哥合し侍りける時作者|歌人摂政太政大臣和歌たつたひめいまはのころのあき風に時雨をいそく人の袖かな読み仮名ふりがなたつたひめ-いまはのころの...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集513番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集513番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集513番の情報歌番号513詞書-作者|歌人左衛門督通光和歌いり日さすふもとのおはなうちなひきたか秋風にうつらなくらん読み仮名ふりがないりひさす-ふもとのをはな-うちなひき-たか...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集529番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集529番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集529番の情報歌番号529詞書題しらす作者|歌人曽祢好忠和歌いり日さすさほの山へのはゝそはらくもらぬ雨とこの葉ふりつゝ読み仮名ふりがないりひさす-さほのやまへの-ははそはら-く...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集545番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集545番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集545番の情報歌番号545詞書千五百番哥合に作者|歌人権中納言兼宗和歌ゆく秋のかたみなるへきもみちはゝあすはしくれとふりやまかはん読み仮名ふりがなゆくあきの-かたみなるへき-も...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集514番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集514番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集514番の情報歌番号514詞書題しらす作者|歌人皇太后宮大夫俊成女和歌あたにちるつゆのまくらにふしわひてうつらなくなりとこの山風読み仮名ふりがなあたにちる-つゆのまくらに-ふし...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集530番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集530番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集530番の情報歌番号530詞書-作者|歌人宮内卿和歌たつた山あらしや峯によはるらんわたらぬ水もにしきたえけり読み仮名ふりがなたつたやま-あらしやみねに-よわるらむ-わたらぬみつ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集546番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集546番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集546番の情報歌番号546詞書紅葉見にまかりてよみ侍ける作者|歌人前大納言公任和歌うちむれてちるもみちはをたつぬれは山ちよりこそ秋はゆきけれ読み仮名ふりがなうちむれて-ちるもみ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集451番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集451番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集451番の情報歌番号451詞書題しらす作者|歌人俊恵法師和歌たつた山こすゑまはらになるまゝにふかくもしかのそよくなるかな読み仮名ふりがなたつたやま-こすゑまはらに-なるままに-...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集467番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集467番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集467番の情報歌番号467詞書閑庭露しけしといふことを作者|歌人基俊和歌庭のおもにしけるよもきにことよせて心のまゝにをけるつゆかな読み仮名ふりがなにはのおもに-しけるよもきに-...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集483番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集483番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集483番の情報歌番号483詞書擣衣の心を作者|歌人藤原雅経朝臣和歌みよしのゝ山の秋風さよふけてふるさとさむく衣うつなり読み仮名ふりがなみよしのの-やまのあきかせ-さよふけて-ふ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集499番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集499番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集499番の情報歌番号499詞書-作者|歌人凡河内躬恒和歌はつかりのは風すゝしくなるなへにたれかたひねの衣かへさぬ読み仮名ふりがなはつかりの-はかせすすしく-なるなへに-たれかた...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集452番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集452番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集452番の情報歌番号452詞書祐子内親王家哥合のゝちしかのうたよみ侍りけるに作者|歌人権大納言長家和歌すきてゆく秋のかたみにさをしかのをのかなくねもおしくやあるらん読み仮名ふり...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集468番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集468番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集468番の情報歌番号468詞書白河院にて野草露繁といへる心を作者|歌人贈左大臣長実和歌秋の野のくさ葉をしなみをくつゆにぬれてや人のたつねゆくらん読み仮名ふりがなあきののの-くさ...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集484番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集484番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集484番の情報歌番号484詞書-作者|歌人式子内親王和歌ちたひうつきぬたのをとに夢さめてものおもふ袖のつゆそくたくる読み仮名ふりがなちたひうつ-きぬたのおとに-ゆめさめて-もの...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集500番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集500番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集500番の情報歌番号500詞書-作者|歌人読人しらす和歌かりかねは風にきおひてすくれともわかまつ人のことつてもなし読み仮名ふりがなかりかねは-かせにきほひて-すくれとも-わかま...
巻第五|秋歌 下

新古今和歌集437番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集437番の原文、分類、読み、作者まとめ。新古今和歌集437番の情報歌番号437詞書和哥所にてをのことも哥よみ侍りしにゆふへのしかといふことを作者|歌人藤原家隆朝臣和歌したもみちかつちる山のゆふしくれぬれてやひとり鹿のなくらん読み...
タイトルとURLをコピーしました