新古今和歌集468番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集468番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集468番の情報

歌番号468
詞書白河院にて野草露繁といへる心を
作者|歌人贈左大臣長実
和歌秋の野のくさ葉をしなみをくつゆにぬれてや人のたつねゆくらん
読み仮名
ふりがな
あきののの-くさはおしなひ-おくつゆに-ぬれてやひとの-たつねゆくらむ
分割あきののの
くさはおしなひ
おくつゆに
ぬれてやひとの
たつねゆくらむ
ローマ字読み
大文字
AKINONONO-KUSAHAOSHINAHI-OKUTSUYUNI-NURETEYAHITONO-TATSUNEYUKURAMU
ローマ字読み
小文字
akinonono-kusahaoshinahi-okutsuyuni-nureteyahitono-tatsuneyukuramu
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました