新古今和歌集522番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集522番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集522番の情報

歌番号522
詞書摂政太政大臣大将に侍りける時百首哥よませ侍りけるに
作者|歌人寂蓮法師
和歌かさゝきの雲のかけはし秋くれて夜半には霜やさえわたるらん
読み仮名
ふりがな
かささきの-くものかけはし-あきくれて-よはにはしもや-さえわたるらむ
分割かささきの
くものかけはし
あきくれて
よはにはしもや
さえわたるらむ
ローマ字読み
大文字
KASASAKINO-KUMONOKAKEHASHI-AKIKURETE-YOHANIHASHIMOYA-SAEWATARURAMU
ローマ字読み
小文字
kasasakino-kumonokakehashi-akikurete-yohanihashimoya-saewataruramu
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました