新古今和歌集466番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集466番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集466番の情報

歌番号466
詞書後冷泉院みこの宮と申しける時尋野花といへる心を
作者|歌人堀河右大臣
和歌つゆしけみ野辺をわけつゝから衣ぬれてそかへる花のしつくに
読み仮名
ふりがな
つゆしけみ-のへをわけつつ-からころも-ぬれてそかへる-はなのしつくに
分割つゆしけみ
のへをわけつつ
からころも
ぬれてそかへる
はなのしつくに
ローマ字読み
大文字
TSUYUSHIKEMI-NOHEOWAKETSUTSU-KARAKOROMO-NURETESOKAHERU-HANANOSHITSUKUNI
ローマ字読み
小文字
tsuyushikemi-noheowaketsutsu-karakoromo-nuretesokaheru-hananoshitsukuni
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました