新古今和歌集520番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集520番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集520番の情報

歌番号520
詞書和哥所にて六首哥つかうまつりし時秋哥
作者|歌人前大僧正慈円
和歌秋ふかきあはちの嶋のありあけにかたふく月をゝくる浦風
読み仮名
ふりがな
あきふかき-あはちのしまの-ありあけに-かたふくつきを-おくるうらかせ
分割あきふかき
あはちのしまの
ありあけに
かたふくつきを
おくるうらかせ
ローマ字読み
大文字
AKIFUKAKI-AHACHINOSHIMANO-ARIAKENI-KATAFUKUTSUKIO-OKURURAKASE
ローマ字読み
小文字
akifukaki-ahachinoshimano-ariakeni-katafukutsukio-okururakase
巻数巻第五|秋歌 下