新古今和歌集526番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集526番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集526番の情報

歌番号526
詞書最勝四天王院の障子にすゝかかはかきたるところ
作者|歌人太上天皇
和歌すゝか河ふかき木の葉に日かすへて山田のはらの時雨をそきく
読み仮名
ふりがな
すすかかは-ふかきこのはに-ひかすへて-やまたのはらの-しくれをそきく
分割すすかかは
ふかきこのはに
ひかすへて
やまたのはらの
しくれをそきく
ローマ字読み
大文字
SUSUKAKAHA-FUKAKIKONOHANI-HIKASUHETE-YAMATANOHARANO-SHIKUREOSOKIKU
ローマ字読み
小文字
susukakaha-fukakikonohani-hikasuhete-yamatanoharano-shikureosokiku
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました