新古今和歌集548番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集548番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集548番の情報

歌番号548
詞書くれの秋おもふ事侍けるころ
作者|歌人能因法師
和歌かくしつゝくれぬる秋とおいぬれとしかすかになを物そかなしき
読み仮名
ふりがな
かくしつつ-くれぬるあきと-おいぬれと-しかすかになほ-ものそかなしき
分割かくしつつ
くれぬるあきと
おいぬれと
しかすかになほ
ものそかなしき
ローマ字読み
大文字
KAKUSHITSUTSU-KURENURUAKITO-OINURETO-SHIKASUKANINAHO-MONOSOKANASHIKI
ローマ字読み
小文字
kakushitsutsu-kurenuruakito-oinureto-shikasukaninaho-monosokanashiki
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました