新古今和歌集512番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集512番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集512番の情報

歌番号512
詞書千五百番哥合に
作者|歌人前大僧正慈円
和歌秋をへてあはれもつゆもふかくさのさとゝふものはうつらなりけり
読み仮名
ふりがな
あきをへて-あはれもつゆも-ふかくさの-さととふものは-うつらなりけり
分割あきをへて
あはれもつゆも
ふかくさの
さととふものは
うつらなりけり
ローマ字読み
大文字
AKIOHETE-AHAREMOTSUYUMO-FUKAKUSANO-SATOTOFUMONOHA-UTSURANARIKERI
ローマ字読み
小文字
akiohete-aharemotsuyumo-fukakusano-satotofumonoha-utsuranarikeri
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました