新古今和歌集549番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集549番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集549番の情報

歌番号549
詞書五十首哥よませ侍けるに
作者|歌人守覚法親王
和歌身にかへていさゝは秋をおしみゝんさらてもゝろきつゆのいのちを
読み仮名
ふりがな
みにかへて-いささはあきを-をしみみむ-さらてももろき-つゆのいのちを
分割みにかへて
いささはあきを
をしみみむ
さらてももろき
つゆのいのちを
ローマ字読み
大文字
MINIKAHETE-ISASAHAAKIO-OSHIMIMIMU-SARATEMOMOROKI-TSUYUNOINOCHIO
ローマ字読み
小文字
minikahete-isasahaakio-oshimimimu-saratemomoroki-tsuyunoinochio
巻数巻第五|秋歌 下
タイトルとURLをコピーしました