新古今和歌集472番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集472番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集472番の情報

歌番号472
詞書題しらす
作者|歌人西行法師
和歌きり/\すよさむに秋のなるまゝによはるか声のとをさかりゆく
読み仮名
ふりがな
きりきりす-よさむにあきの-なるままに-よわるかこゑの-とほさかりゆく
分割きりきりす
よさむにあきの
なるままに
よわるかこゑの
とほさかりゆく
ローマ字読み
大文字
KIRIKIRISU-YOSAMUNIAKINO-NARUMAMANI-YOWARUKAKOENO-TOHOSAKARIYUKU
ローマ字読み
小文字
kirikirisu-yosamuniakino-narumamani-yowarukakoeno-tohosakariyuku
巻数巻第五|秋歌 下