新古今和歌集1243番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1243番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1243番の情報

歌番号1243
詞書きさいの宮ひさしくさとにおはしけるころつかはしける
作者|歌人天暦御哥
和歌くすの葉にあらぬわか身も秋風のふくにつけつゝうらみつる哉
読み仮名
ふりがな
くすのはに-あらぬわかみも-あきかせの-ふくにつけつつ-うらみつるかな
分割くすのはに
あらぬわかみも
あきかせの
ふくにつけつつ
うらみつるかな
ローマ字読み
大文字
KUSUNOHANI-ARANUWAKAMIMO-AKIKASENO-FUKUNITSUKETSUTSU-URAMITSURUKANA
ローマ字読み
小文字
kusunohani-aranuwakamimo-akikaseno-fukunitsuketsutsu-uramitsurukana
巻数巻第十四|恋歌 四
タイトルとURLをコピーしました