新古今和歌集1270番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1270番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集1270番の情報

歌番号1270
詞書
作者|歌人八条院高倉
和歌くもれかしなかむるからにかなしきは月におほゆる人のおもかけ
読み仮名
ふりがな
くもれかし-なかむるからに-かなしきは-つきにおほゆる-ひとのおもかけ
分割くもれかし
なかむるからに
かなしきは
つきにおほゆる
ひとのおもかけ
ローマ字読み
大文字
KUMOREKASHI-NAKAMURUKARANI-KANASHIKIHA-TSUKINIOHOYURU-HITONOMOKAKE
ローマ字読み
小文字
kumorekashi-nakamurukarani-kanashikiha-tsukiniohoyuru-hitonomokake
巻数巻第十四|恋歌 四
タイトルとURLをコピーしました