新古今和歌集1906番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1906番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1906番の情報

歌番号1906
詞書熊野へまうてたまひける時みちに花のさかりなりけるを御覧して
作者|歌人白河院御哥
和歌さきにほふ花のけしきをみるからに神の心そゝらにしらるゝ
読み仮名
ふりがな
さきにほふ-はなのけしきを-みるからに-かみのこころそ-そらにしらるる
分割さきにほふ
はなのけしきを
みるからに
かみのこころそ
そらにしらるる
ローマ字読み
大文字
SAKINIHOFU-HANANOKESHIKIO-MIRUKARANI-KAMINOKOKOROSO-SORANISHIRARURU
ローマ字読み
小文字
sakinihofu-hananokeshikio-mirukarani-kaminokokoroso-soranishiraruru
巻数巻第十九|神祇歌
タイトルとURLをコピーしました