新古今和歌集1854番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1854番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1854番の情報

歌番号1854
詞書この哥は建久二年のはるのころつくしへまかれり けるものゝ安楽寺の梅をおりて侍ける夜のゆめに 見えけるとなん
作者|歌人番号外作者
和歌ふたらくのみなみのきしにたうたてゝいまそさかえんきたのふちなみ
読み仮名
ふりがな
ふたらくの-みなみのきしに-たうたてて-いまそさかえむ-きたのふちなみ
分割ふたらくの
みなみのきしに
たうたてて
いまそさかえむ
きたのふちなみ
ローマ字読み
大文字
FUTARAKUNO-MINAMINOKISHINI-TAUTATETE-IMASOSAKAEMU-KITANOFUCHINAMI
ローマ字読み
小文字
futarakuno-minaminokishini-tautatete-imasosakaemu-kitanofuchinami
巻数巻第十九|神祇歌
タイトルとURLをコピーしました