新古今和歌集1861番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集1861番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集1861番の情報

歌番号1861
詞書このうたは身のしつめる事をなけきてあつまの かたへまからんとおもひたちける人くまのゝおまへに 通夜して侍けるゆめにみえけるとそ
作者|歌人番号外作者
和歌われたのむ人いたつらになしはては又雲わけてのほるはかりそ
読み仮名
ふりがな
われたのむ-ひといたつらに-なしはては-またくもわけて-のほるはかりそ
分割われたのむ
ひといたつらに
なしはては
またくもわけて
のほるはかりそ
ローマ字読み
大文字
WARETANOMU-HITOITATSURANI-NASHIHATEHA-MATAKUMOWAKETE-NOHORUHAKARISO
ローマ字読み
小文字
waretanomu-hitoitatsurani-nashihateha-matakumowakete-nohoruhakariso
巻数巻第十九|神祇歌
タイトルとURLをコピーしました