新古今和歌集558番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集558番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集558番の情報

歌番号558
詞書題しらす
作者|歌人清輔朝臣
和歌をのつからをとする物は庭のおもにこの葉ふきまく谷のゆふ風
読み仮名
ふりがな
おのつから-おとするものは-にはのおもに-このはふりしく-たにのゆふかせ
分割おのつから
おとするものは
にはのおもに
このはふりしく
たにのゆふかせ
ローマ字読み
大文字
ONOTSUKARA-OTOSURUMONOHA-NIHANOMONI-KONOHAFURISHIKU-TANINOYUFUKASE
ローマ字読み
小文字
onotsukara-otosurumonoha-nihanomoni-konohafurishiku-taninoyufukase
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました