新古今和歌集608番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集608番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集608番の情報

歌番号608
詞書千五百番哥合に
作者|歌人皇太后宮大夫俊成女
和歌さえわひてさむるまくらにかけみれは霜ふかきよの有あけの月
読み仮名
ふりがな
さえわひて-さむるまくらに-かけみれは-しもふかきよの-ありあけのつき
分割さえわひて
さむるまくらに
かけみれは
しもふかきよの
ありあけのつき
ローマ字読み
大文字
SAEWAHITE-SAMURUMAKURANI-KAKEMIREHA-SHIMOFUKAKIYONO-ARIAKENOTSUKI
ローマ字読み
小文字
saewahite-samurumakurani-kakemireha-shimofukakiyono-ariakenotsuki
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました