新古今和歌集552番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集552番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集552番の情報

歌番号552
詞書天暦御時神な月といふことをかみにをきてうたつかうまつりけるに
作者|歌人藤原高光
和歌神な月風にもみちのちるときはそこはかとなく物そかなしき
読み仮名
ふりがな
かみなつき-かせにもみちの-ちるときは-そこはかとなく-ものそかなしき
分割かみなつき
かせにもみちの
ちるときは
そこはかとなく
ものそかなしき
ローマ字読み
大文字
KAMINATSUKI-KASENIMOMICHINO-CHIRUTOKIHA-SOKOHAKATONAKU-MONOSOKANASHIKI
ローマ字読み
小文字
kaminatsuki-kasenimomichino-chirutokiha-sokohakatonaku-monosokanashiki
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました