新古今和歌集636番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集636番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集636番の情報

歌番号636
詞書最勝四天王院の障子にうちかはかきたるところ
作者|歌人太上天皇
和歌はしひめのかたしき衣さむしろにまつよむなしきうちのあけほの
読み仮名
ふりがな
はしひめの-かたしきころも-さむしろに-まつよむなしき-うちのあけほの
分割はしひめの
かたしきころも
さむしろに
まつよむなしき
うちのあけほの
ローマ字読み
大文字
HASHIHIMENO-KATASHIKIKOROMO-SAMUSHIRONI-MATSUYOMUNASHIKI-UCHINOAKEHONO
ローマ字読み
小文字
hashihimeno-katashikikoromo-samushironi-matsuyomunashiki-uchinoakehono
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました