新古今和歌集591番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集591番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集591番の情報

歌番号591
詞書題しらす
作者|歌人源信明朝臣
和歌ほの/\とありあけの月の月かけにもみちふきおろす山おろしの風
読み仮名
ふりがな
ほのほのと-ありあけのつきの-つきかけに-もみちふきおろす-やまおろしのかせ
分割ほのほのと
ありあけのつきの
つきかけに
もみちふきおろす
やまおろしのかせ
ローマ字読み
大文字
HONOHONOTO-ARIAKENOTSUKINO-TSUKIKAKENI-MOMICHIFUKIOROSU-YAMAOROSHINOKASE
ローマ字読み
小文字
honohonoto-ariakenotsukino-tsukikakeni-momichifukiorosu-yamaoroshinokase
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました