新古今和歌集639番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集639番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集639番の情報

歌番号639
詞書摂政太政大臣家哥合に湖上冬月
作者|歌人藤原家隆朝臣
和歌しかのうらやとをさかりゆく浪間よりこほりていつる有あけの月
読み仮名
ふりがな
しかのうらや-とほさかりゆく-なみまより-こほりていつる-ありあけのつき
分割しかのうらや
とほさかりゆく
なみまより
こほりていつる
ありあけのつき
ローマ字読み
大文字
SHIKANORAYA-TOHOSAKARIYUKU-NAMIMAYORI-KOHORITEITSURU-ARIAKENOTSUKI
ローマ字読み
小文字
shikanoraya-tohosakariyuku-namimayori-kohoriteitsuru-ariakenotsuki
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました