新古今和歌集611番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集611番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集611番の情報

歌番号611
詞書橋上霜といへることをよみ侍ける
作者|歌人法印幸清
和歌かたしきの袖をや霜にかさぬらん月によかるゝうちのはしひめ
読み仮名
ふりがな
かたしきの-そてをやしもに-かさぬらむ-つきによかるる-うちのはしひめ
分割かたしきの
そてをやしもに
かさぬらむ
つきによかるる
うちのはしひめ
ローマ字読み
大文字
KATASHIKINO-SOTEOYASHIMONI-KASANURAMU-TSUKINIYOKARURU-UCHINOHASHIHIME
ローマ字読み
小文字
katashikino-soteoyashimoni-kasanuramu-tsukiniyokaruru-uchinohashihime
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました