新古今和歌集679番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集679番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集679番の情報

歌番号679
詞書
作者|歌人前大僧正慈円
和歌庭の雪にわかあとつけていてつるをとはれにけりと人やみるらん
読み仮名
ふりがな
にはのゆきに-わかあとつけて-いてつるを-とはれにけりと-ひとやみるらむ
分割にはのゆきに
わかあとつけて
いてつるを
とはれにけりと
ひとやみるらむ
ローマ字読み
大文字
NIHANOYUKINI-WAKAATOTSUKETE-ITETSURUO-TOHARENIKERITO-HITOYAMIRURAMU
ローマ字読み
小文字
nihanoyukini-wakaatotsukete-itetsuruo-toharenikerito-hitoyamiruramu
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました