新古今和歌集669番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集669番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集669番の情報

歌番号669
詞書紅葉のちれりけるうへにはつゆきのふりかゝりて侍けるを見て上東門院に侍ける女房につかはしける
作者|歌人藤原家経朝臣
和歌山さとはみちもやみえすなりぬらんもみちとゝもに雪のふりぬる
読み仮名
ふりがな
やまさとは-みちもやみえす-なりぬらむ-もみちとともに-ゆきのふりぬる
分割やまさとは
みちもやみえす
なりぬらむ
もみちとともに
ゆきのふりぬる
ローマ字読み
大文字
YAMASATOHA-MICHIMOYAMIESU-NARINURAMU-MOMICHITOTOMONI-YUKINOFURINURU
ローマ字読み
小文字
yamasatoha-michimoyamiesu-narinuramu-momichitotomoni-yukinofurinuru
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました