新古今和歌集687番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集687番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集687番の情報

歌番号687
詞書京極関白前太政大臣高陽院哥合に
作者|歌人前中納言匡房
和歌みかり野はかつふる雪にうつもれてとたちもみえす草かくれつゝ
読み仮名
ふりがな
みかりのは-かつふるゆきに-うつもれて-とたちもみえす-くさかくれつつ
分割みかりのは
かつふるゆきに
うつもれて
とたちもみえす
くさかくれつつ
ローマ字読み
大文字
MIKARINOHA-KATSUFURUYUKINI-UTSUMORETE-TOTACHIMOMIESU-KUSAKAKURETSUTSU
ローマ字読み
小文字
mikarinoha-katsufuruyukini-utsumorete-totachimomiesu-kusakakuretsutsu
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました