新古今和歌集567番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集567番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集567番の情報

歌番号567
詞書頼輔卿家哥合に落葉の心を
作者|歌人藤原資隆朝臣
和歌時雨かときけはこの葉のふる物をそれにもぬるゝわかたもとかな
読み仮名
ふりがな
しくれかと-きけはこのはの-ふるものを-それともぬるる-わかたもとかな
分割しくれかと
きけはこのはの
ふるものを
それともぬるる
わかたもとかな
ローマ字読み
大文字
SHIKUREKATO-KIKEHAKONOHANO-FURUMONO-SORETOMONURURU-WAKATAMOTOKANA
ローマ字読み
小文字
shikurekato-kikehakonohano-furumono-soretomonururu-wakatamotokana
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました