新古今和歌集601番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集601番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集601番の情報

歌番号601
詞書題しらす
作者|歌人曽祢好忠
和歌つゆしものよはにおきゐて冬のよの月みるほとに袖はこほりぬ
読み仮名
ふりがな
つゆしもの-よはにおきゐて-ふゆのよの-つきみるほとに-そてはこほりぬ
分割つゆしもの
よはにおきゐて
ふゆのよの
つきみるほとに
そてはこほりぬ
ローマ字読み
大文字
TSUYUSHIMONO-YOHANIOKIITE-FUYUNOYONO-TSUKIMIRUHOTONI-SOTEHAKOHORINU
ローマ字読み
小文字
tsuyushimono-yohaniokiite-fuyunoyono-tsukimiruhotoni-sotehakohorinu
巻数巻第六|冬歌
タイトルとURLをコピーしました