新古今和歌集412番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集412番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集412番の情報

歌番号412
詞書題しらす
作者|歌人左衛門督通光
和歌たつた山よはにあらしの松ふけは雲にはうときみねの月かけ
読み仮名
ふりがな
たつたやま-よはにあらしの-まつふけは-くもにはうとき-みねのつきかけ
分割たつたやま
よはにあらしの
まつふけは
くもにはうとき
みねのつきかけ
ローマ字読み
大文字
TATSUTAYAMA-YOHANIARASHINO-MATSUFUKEHA-KUMONIHAUTOKI-MINENOTSUKIKAKE
ローマ字読み
小文字
tatsutayama-yohaniarashino-matsufukeha-kumonihautoki-minenotsukikake
巻数巻第四|秋歌 上