新古今和歌集370番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集370番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集370番の情報

歌番号370
詞書
作者|歌人和泉式部
和歌秋くれはときはの山の松風もうつるはかりに身にそしみける
読み仮名
ふりがな
あきくれは-ときはのやまの-まつかせも-うつるはかりに-みにそしみける
分割あきくれは
ときはのやまの
まつかせも
うつるはかりに
みにそしみける
ローマ字読み
大文字
AKIKUREHA-TOKIHANOYAMANO-MATSUKASEMO-UTSURUHAKARINI-MINISOSHIMIKERU
ローマ字読み
小文字
akikureha-tokihanoyamano-matsukasemo-utsuruhakarini-minisoshimikeru
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました