新古今和歌集408番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集408番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集408番の情報

歌番号408
詞書
作者|歌人和泉式部
和歌たのめたる人はなけれと秋のよは月見てぬへき心ちこそせね
読み仮名
ふりがな
たのめたる-ひとはなけれと-あきのよは-つきみてぬへき-ここちこそせね
分割たのめたる
ひとはなけれと
あきのよは
つきみてぬへき
ここちこそせね
ローマ字読み
大文字
TANOMETARU-HITOHANAKERETO-AKINOYOHA-TSUKIMITENUHEKI-KOKOCHIKOSOSENE
ローマ字読み
小文字
tanometaru-hitohanakereto-akinoyoha-tsukimitenuheki-kokochikososene
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました