新古今和歌集420番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集420番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集420番の情報

歌番号420
詞書
作者|歌人定家朝臣
和歌さむしろやまつよの秋の風ふけて月をかたしくうちのはしひめ
読み仮名
ふりがな
さむしろや-まつよのあきの-かせふけて-つきをかたしく-うちのはしひめ
分割さむしろや
まつよのあきの
かせふけて
つきをかたしく
うちのはしひめ
ローマ字読み
大文字
SAMUSHIROYA-MATSUYONOAKINO-KASEFUKETE-TSUKIOKATASHIKU-UCHINOHASHIHIME
ローマ字読み
小文字
samushiroya-matsuyonoakino-kasefukete-tsukiokatashiku-uchinohashihime
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました