新古今和歌集812番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集812番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集812番の情報

歌番号812
詞書後朱雀院かくれ給て上東門院白河にこもり給にけるをきゝて
作者|歌人女御藤原生子<大二条関白/女>
和歌うしとてはいてにしいゑをいてぬなりなとふるさとにわか帰けん
読み仮名
ふりがな
うしとては-いてにしいへを-いてぬなり-なとふるさとに-わかかへりけむ
分割うしとては
いてにしいへを
いてぬなり
なとふるさとに
わかかへりけむ
ローマ字読み
大文字
USHITOTEHA-ITENISHIIHEO-ITENUNARI-NATOFURUSATONI-WAKAKAHERIKEMU
ローマ字読み
小文字
ushitoteha-itenishiiheo-itenunari-natofurusatoni-wakakaherikemu
巻数巻第八|哀傷歌
タイトルとURLをコピーしました