新古今和歌集972番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集972番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集972番の情報

歌番号972
詞書堀河院御時百首哥奉りけるに旅哥
作者|歌人藤原顕仲朝臣
和歌さすらふる我身にしあれはきさかたやあまのとま屋にあまたゝひねぬ
読み仮名
ふりがな
さすらふる-わかみにしあれは-きさかたや-あまのとまやに-あまたたひねぬ
分割さすらふる
わかみにしあれは
きさかたや
あまのとまやに
あまたたひねぬ
ローマ字読み
大文字
SASURAFURU-WAKAMINISHIAREHA-KISAKATAYA-AMANOTOMAYANI-AMATATAHINENU
ローマ字読み
小文字
sasurafuru-wakaminishiareha-kisakataya-amanotomayani-amatatahinenu
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました