新古今和歌集962番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集962番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集962番の情報

歌番号962
詞書石清水哥合に旅宿嵐といふ心を
作者|歌人有家朝臣
和歌岩かねのとこに嵐をかたしきてひとりやねなんさよの中山
読み仮名
ふりがな
いはかねの-とこにあらしを-かたしきて-ひとりやねなむ-さよのなかやま
分割いはかねの
とこにあらしを
かたしきて
ひとりやねなむ
さよのなかやま
ローマ字読み
大文字
IHAKANENO-TOKONIARASHIO-KATASHIKITE-HITORIYANENAMU-SAYONONAKAYAMA
ローマ字読み
小文字
ihakaneno-tokoniarashio-katashikite-hitoriyanenamu-sayononakayama
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました