新古今和歌集957番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集957番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集957番の情報

歌番号957
詞書和哥所の哥合に羇中暮といふことを
作者|歌人皇太后宮大夫俊成女
和歌ふるさともあきはゆふへをかたみにてかせのみをくるをのゝしのはら
読み仮名
ふりがな
ふるさとも-あきはゆふへを-かたみとて-かせのみおくる-をののしのはら
分割ふるさとも
あきはゆふへを
かたみとて
かせのみおくる
をののしのはら
ローマ字読み
大文字
FURUSATOMO-AKIHAYUFUHEO-KATAMITOTE-KASENOMIOKURU-ONONOSHINOHARA
ローマ字読み
小文字
furusatomo-akihayufuheo-katamitote-kasenomiokuru-ononoshinohara
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました