新古今和歌集978番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集978番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集978番の情報

歌番号978
詞書天王寺にまうて侍けるに俄に雨ふりけれは江口にやとをかりけるにかし侍らさりけれはよみ侍ける
作者|歌人西行法師
和歌世中をいとふまてこそかたからめかりのやとりをおしむ君かな
読み仮名
ふりがな
よのなかを-いとふまてこそ-かたからめ-かりのやとりをも-をしむきみかな
分割よのなかを
いとふまてこそ
かたからめ
かりのやとりをも
をしむきみかな
ローマ字読み
大文字
YONONAKAO-ITOFUMATEKOSO-KATAKARAME-KARINOYATORIOMO-OSHIMUKIMIKANA
ローマ字読み
小文字
yononakao-itofumatekoso-katakarame-karinoyatoriomo-oshimukimikana
巻数巻第十|羈旅歌
タイトルとURLをコピーしました