新古今和歌集848番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集848番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集848番の情報

歌番号848
詞書かよひける女山さとにてはかなくなりにけれはつれ/\とこもりゐて侍けるかあからさまに京へまかりてあか月かへるにとりなきぬと人々いそかし侍けれは
作者|歌人左京大夫顕輔
和歌いつのまに身を山かつになしはてゝ宮こをたひと思ふなるらん
読み仮名
ふりがな
いつのまに-みをやまかつに-なしはてて-みやこをたひと-おもふなるらむ
分割いつのまに
みをやまかつに
なしはてて
みやこをたひと
おもふなるらむ
ローマ字読み
大文字
ITSUNOMANI-MIOYAMAKATSUNI-NASHIHATETE-MIYAKOTAHITO-OMOFUNARURAMU
ローマ字読み
小文字
itsunomani-mioyamakatsuni-nashihatete-miyakotahito-omofunaruramu
巻数巻第八|哀傷歌
タイトルとURLをコピーしました