新古今和歌集792番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集792番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集792番の情報

歌番号792
詞書しのひてもの申ける女身まかりてのちそのいゑにとまりてよみ侍ける
作者|歌人大納言実家
和歌なれし秋のふけしよとこはそれなから心のそこの夢そかなしき
読み仮名
ふりがな
なれしあきの-ふけしよとこは-それなから-こころのそこの-ゆめそかなしき
分割なれしあきの
ふけしよとこは
それなから
こころのそこの
ゆめそかなしき
ローマ字読み
大文字
NARESHIAKINO-FUKESHIYOTOKOHA-SORENAKARA-KOKORONOSOKONO-YUMESOKANASHIKI
ローマ字読み
小文字
nareshiakino-fukeshiyotokoha-sorenakara-kokoronosokono-yumesokanashiki
巻数巻第八|哀傷歌