新古今和歌集722番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集722番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集722番の情報

歌番号722
詞書後一条院うまれさせたまへりける九月つきくまなかりける夜大二条関白中将に侍けるわかき人々さそひいてゝいけのふねにのせてなかしまのまつかけさしまはすほとおかしくみえ侍けれは
作者|歌人紫式部
和歌くもりなくちとせにすめる水のおもにやとれる月のかけものとけし
読み仮名
ふりがな
くもりなく-ちとせにすめる-みつのおもに-やとれるつきの-かけものとけし
分割くもりなく
ちとせにすめる
みつのおもに
やとれるつきの
かけものとけし
ローマ字読み
大文字
KUMORINAKU-CHITOSENISUMERU-MITSUNOMONI-YATORERUTSUKINO-KAKEMONOTOKESHI
ローマ字読み
小文字
kumorinaku-chitosenisumeru-mitsunomoni-yatorerutsukino-kakemonotokeshi
巻数巻第七|賀歌
タイトルとURLをコピーしました