新古今和歌集708番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集708番の原文、分類、読み、作者まとめ。

新古今和歌集708番の情報

歌番号708
詞書題しらす
作者|歌人読人しらす
和歌はつ春のはつねのけふのたまはゝきてにとるからにゆらく玉のを
読み仮名
ふりがな
はつはるの-はつねのけふの-たまははき-てにとるからに-ゆらくたまのを
分割はつはるの
はつねのけふの
たまははき
てにとるからに
ゆらくたまのを
ローマ字読み
大文字
HATSUHARUNO-HATSUNENOKEFUNO-TAMAHAHAKI-TENITORUKARANI-YURAKUTAMANO
ローマ字読み
小文字
hatsuharuno-hatsunenokefuno-tamahahaki-tenitorukarani-yurakutamano
巻数巻第七|賀歌
タイトルとURLをコピーしました