新古今和歌集432番の作者|原文|読み|分類

新古今和歌集432番の原文、分類、読み、作者まとめ。

スポンサーリンク

新古今和歌集432番の情報

歌番号432
詞書百首哥たてまつりし秋哥に
作者|歌人式子内親王
和歌秋の色はまかきにうとくなりゆけとたまくらなるゝねやの月かけ
読み仮名
ふりがな
あきのいろは-まかきにうとく-なりゆけと-たまくらなるる-ねやのつきかけ
分割あきのいろは
まかきにうとく
なりゆけと
たまくらなるる
ねやのつきかけ
ローマ字読み
大文字
AKINOIROHA-MAKAKINIUTOKU-NARIYUKETO-TAMAKURANARURU-NEYANOTSUKIKAKE
ローマ字読み
小文字
akinoiroha-makakiniutoku-nariyuketo-tamakuranaruru-neyanotsukikake
巻数巻第四|秋歌 上
タイトルとURLをコピーしました